くみこにっき

嫌な奴

世の中のすべての人に気に入られるのは無理だと分かっている。
自分もそうだが、百点満点の人がいないことも了解している。
みんなそれぞれ良い人たちなのだが、みんなそれぞれ嫌な奴でもある。

アンケートではないが、「うんと嫌な奴、嫌な奴、どちらかと言えば嫌な奴」をまとめて「嫌な奴」と定義して、
同じくある人が「いい人」部分との割合に比べて過半数が「嫌な奴」の場合を「嫌な奴」に分類すると、
私の場合、周囲の知り合いで10人中7人が嫌な奴、2.5人が「どっちでもない人(どうでもいい人)、
残り0.5人が「いい人(気の合う人)」でありました。
これは、多分向こうからの私への評価も同程度であることでしょう。

身近な友人に、なとり塾で小学生を担当しているユーさんと言う方がいる。
とてもいい人で、善意のかたまりのような人であります。
民生委員もやっていらして、常に社会よよくあれかし、と考えているような女性である。
こんなにいい人なのに、なんであんなに嫌な奴なんだろう?思えば不思議である。
さらに、みんなの嫌われ者ですらある。「実は苦手だ」とこっそり言う人が多い。
私の友人で、「私が小学校の教師をしていた間に、ただ一人喧嘩した人がユーさん」と笑っていた人がいる。
もちろん、私がしょっちゅうユーさんとぶつかって難儀しているのを知って囁いてくれたのだが。
結婚して、1年足らずで離婚してきたと聞いている。それを待っていたかのように、今のダンナが結婚したのだと聞いている。子どもはいない。このあたりでは進学校で有名な高校の、数少ない女子卒業生であり、永年小学校の教諭をしていたのが彼女のプライドを支えているようだ

良い人だけではいけないのだろうか?ユーさんに足りないモノは何だろう?
常に上から目線で「あなたは知らないだろうから、私が教えてあげる」という態度だから?
着るもののセンスや身じまいの悪さが印象を悪くしている?(化粧なしの染めが落ちた半分白髪頭にでっかいピンクのふりふりがついたブラウスなどを召して背中からシャツの裾が出たりして、私ならこの格好で外に出られないレベル:笑)
そういえば、ヘルパーで入浴介助していたそろばん教室の先生で、「生徒を立派に育てることでは」「誰にも負けない!!」とお湯の面をぴしゃりと叩いて見せたお婆さんがいた。

共通しているのは、誰も批判していないのに防衛力が強い(きっと、これまでの人生で色々責められてきたのかもしれない)。
誰かを誉めるのを聞いたことが無い。今度、尊敬する人がいるか聞いてみようか?
見たところ、コンプレックスの裏返しのようなプライドの高さを感じるの。
他人を陰で笑い物にする人(うちの母はコレ)、私いい人でしょう?オーラを常に放っている人、私の方があなたよりよく知っている、もしくは格が上と相手にわからせようとする(いわゆるマウンティングね)人(これ、結構多いわ)、人の噂話、特に自分が知っている人の悪口を聞きたがる人(お年寄りに多い)、足りないモノって、つまりは謙虚さなのだろうか?

[PR]



# by kumikonikki | 2018-12-13 15:48 | Comments(2)

外猫のビョーン

ビョンビョーンとバネを弾くような泣き声だからビョーンと呼ぶことにした。
なんで「ニャー」と啼けないのだろう?やっぱ風邪?
ともあれ、餌と水の更新を夕方から昼間に替えたので、12時頃外に出ると待ち構えている。
どこにいたのかと思ったら、私が先日エアーキャップで目張りして風が入らないようにした、アイちゃんのキャリーから出てきた。
昨日、もう1枚座布団を増やしてあげたのだが、初めて入っているところを目撃!
ならば、あんかを入れてあげよう。
ガラス戸を開けるとすぐの所にコンセントがあり、使っていない電気行火をそこにつないで暖かくしてあげた。
夜はどこかに行っていたようだが、とりあえず安心できる場所と食料は確保してあげたので、これでよし。

さくらねこで、右耳に切れ込みが入っているから、どこかの別の人からも可愛がってもらっているのだろう。
完全な野良ではないらしく、触ろうと思えば触れそうだが、自粛している。私は犬派なのだ!
マーチやアイちゃんのおかーさんなのだから、猫には指1本触れませんて。他の人(例えば隣のじーちゃんとか)に甘えなさい。
食事と部屋は提供するミンチン女史(小公女の)のようなおばちゃんである。あんなに冷酷でも、カネ目当てでもないけれどね。

さて、FBで知り合いであるじーさん、社交辞令で「偉いですねー」と誉めてたら、「私の一番の理解者です」「私をいつも支えてくれてありがとう」「今度ハグしに会いに行きます」と言ってきた!げー!!
これまでも何度か「三島に行くから駅で会おう」とか、「車で松崎に行くから三島で会いませんか」とか言ってきてたのをかわしてきたのだが、まだ諦めないでこのザマだよ。
ダンナがやきもち焼きますからご遠慮申し上げます、と言っても引き下がらない。
もう、横っ面張り倒さないと分からないのかしら。
「私、本気のミサンドリーですので、お断りします」と言っておいたのだが、これでダメならブロックだな。

アートビレッジといい、FBといい、なんでこんな目に会わなきゃいけないんだ。
日本のじーさん、エロしか居ないのだろうか?
うちのばーさんも、ひーばーさんも、こうして釣っては噛んで振り回していたのかもしれない。あいにく私はそんな趣味は無い。
つくづくとーちゃんに会いたいと思う師走であります。


[PR]



# by kumikonikki | 2018-12-12 21:56 | Comments(0)

寝て自粛→起きてうろうろ→風邪気味でまた寝て自粛

昨日、12月10日はとーちゃんの誕生日。生きていれば63歳。半年強、私との年来差が4歳に縮まる。
しかし、昨年で地上年齢が止まっているから、当分年齢差は開くばかりだね、ま、ただの数字だから構わないけど。
私たちは入籍しなかった。彼は結婚したかったのだけど、私が「今のこの国の結婚はいまだに家と家の繋がり重視だからいやだ。結婚したら、とーちゃんだけでなくあなたの身内とも親戚にならなきゃいけなくなるから」と拒んでいたのだ。
でも、とーちゃんとは入籍してもいい。今の日本、入籍していると居ないとでは権利がまるで違うからね。だから、ずーっとこのままでいて、いよいよ「死ぬかもしれない」と言う時になったらひそかに入籍しようかと思っていた。多分、病気持ちの私が先にイカレルと思っていたので。

ところが、まさかのとーちゃんの急逝!入籍もくそもあったもんじゃねー!!死んでしまった人と婚姻はできない(当たり前だ)から、私は内妻のままである。ま、いまのところそれで不都合は墓の継承ができない、という事だけだから(他の事は片付いた)まあ、そのくらいなら良いだろう。

で、結婚記念日もないし、12月10日をとーちゃんの誕生日兼結婚記念日と言うことにした。
で、昨日は一緒に見に行くはずだった映画を見に行った。(ファンタビね)いつものように鈴福ラーメンを食べて行こうかと思ったけど、あまりお腹が空いていなかったので映画のみ。平日昼間でガラ空きなので、車もいつもの障害者用に停めちゃう。
珍しくシネマ1での上映で、座席が低くてちょっと見にくく、体をよじって見る。
おバカな私は登場人物の人間関係がすぐ分からなくなって、楽しめたけどあと2,3回見ないと理解したとは言い難い。
同様に、話題の「パワー」も読んだけど同じ理由で楽しめたけど混乱している。
ちょっと話が逸れるけど、「パワー」って、知ってる?

女性のみ(染色体が関係しているので)鎖骨のあたりに新しい器官が成長して、静電気を蓄積・操ることができるようになり、女性が「パワー」を持つようになるお話である。もう翻訳が出ているので、即図書館にリクエストした。女性政治家がエレベーターの個室の中で若い男性ジャーナリストのケツを撫でたりする(うふふ)。もちろん、それだけじゃないけど。

カタカナの名前に弱いし、名前だけでは男性か女性か分からないので、読み始めてかなりの間混乱してた。登場人物の説明が無いのが残念だった。ま、また借りて読みなおしすればいいや、と思っている。今読んでいるヒラリー・クリントンの「What Happened」も同様。

で、6時過ぎに帰宅して、果たしてくたびれて喉が痛い、関節も痛い、でも熱は無い。
ちょっと外に出てうろうろすると、やっぱり体調が崩れるようだ。でも、寝てエネルギーを蓄えれば復活する。

と、言うわけで今日はマスクをしたまま家でゴロゴロしている。明日もそのつもり。昨日アイスクリームも食品も買ってきたし、籠城の準備はできている。
ただ、外猫の餌やりはしなくては。これまで、夕方がその時間だったが、どうやら彼(彼女?)は夜は来ないらしい。昼間外に出ると飯はまだですかと寄ってくるので、昼間の餌やりに時間変更。で、今日も念のため昼ごろ外に出ると果たして待っていた。
なんでだか声が出ないらしくて、ニャーとは言わず、ばねをはじいたような金属音を立てるのみなので「あんた、それじゃ聞こえないよ」と文句を言いつつ餌入れと飲み水更新する。ひよどり用に置いたバナナは手つかず。今朝ギャーギャー啼いてたのは「みかんじゃねーぞ、コラ!」だったのかもしれない。文句言うでない。

トイレのカレンダーの下に、小さな羽虫がじっとしている。何日も動かないので、死んでるのかな?と思い(前にそういうことがあったので)お尻をつついてみたら、数歩歩いて向きを変えた。生きてた。この間の末っ子ヤモリの口に合いそうな小さな虫だが、寒いのでみんな動けなくなっているのだろう。動かないから、お腹も空かないのかもしれない。
そういう私も同じである。寝てばかりいるので、食欲が湧かない。でも、お腹は空くから少しは食べる。お菓子も食べる。ミルクコーヒーやココアも飲む。一番飲むのはお茶である。風邪に効くっていうしね。でも、すぐお腹いっぱいになるので、買いこんだ食材はなかなか減らない。もう年内これでイケるんじゃないかと思うほど、余っている。寒いので痛まないし。

元気なんだけど、体重は減っている。ダイエットで苦労している人には申し訳ないが、食べたい物は食べ、寝てマンガ読んでという罰当たりな生活をしているのに、このままいけば学生の頃の体重に戻れそうだ。問題は組織の内訳が筋肉ではないところか。ま、今さら筋トレすることもなかろうと怠惰な生活に満足している。若い人たち、頑張れよかし。



[PR]



# by kumikonikki | 2018-12-11 15:35 | Comments(3)

昨日から寒い

無料塾なとりでは、エアコンもファンヒーターも自由に使える。
が、とにかく私は足元が冷える。
で、自宅の塾で使っていたホットカーペットを持ち込んである。
しかし、夏の間片付けていたそれを出すのは一人ではできない。10人が囲める天然木の重いテーブルはとても持ち上がらない。
今度、人手がある木曜日に出そうと思う。
自宅では足元優先。室温が15度を切るまでは重ね着とホットマット(出すのが面倒なので小さい奴)でしのぐ計画。
今何枚着てるかって言うと、とーちゃんの半袖シャツ+お友達がくれたババシャツ+フリースのハイネック+自分で編んだジレー+とーちゃんの綿入れ半纏、トップは5枚。ボトムは…あ、同じく5枚だ。靴下系は3枚。それにネックウォーマー。もちろん、着ぶくれて動きは悪い。

15度を切ると、手がかじかんで編み物もキーボードも打てなくなる。今、指先が使えるハンドウォーマーを作ろうともくろんでいる。

私は呼吸器系が弱いようなので、マスク着用。家では眼鏡を外しているので問題ない。鼻水たらしていても、ノーメイクでも誤魔化せるので便利である。

金曜日に生涯学習センターで「コスタリカの奇跡」の上映会があり、人混みは避ける私だが止むをえず参加。
「開場」と「開演」時間を間違えて、ギリギリ間に合ったのだけれど、急いだのでマスクを忘れてしまった!
後ろと横でやたらとくしゃみと咳をしている人が居て、チョー気になったが仕方がない。
帰ってきて、すぐに寝たのだけれど、やはりちょっとだるい気がする。
この時期医者に行くのは風邪を貰いに行くようなものだから、私はとにかく寝て治す。
水分とビタミンだけ摂ってひたすら横になって体力を蓄える、野生動物と同じ方法である。
ありがたいことに、別の動物に襲われる心配もなければ、食べ物は充分に台所にある。
玄関に鍵をかけて布団から出るのはトイレの時のみ。

外猫さんが2日ほど来なかったが、今日は外で待ち構えていた。私は夕方餌やりをするのだが、私が入れたのではない猫缶が残っていたのをみると、隣のじーさんが見かねて与えた模様である。
さくらねこであるこの茶キジは、数軒行きつけがあるらしく毎日来るとは限らない。
こんな寒い日には、外猫ハウスにあんかを入れてあげようかとも思うのだが、夜見かけないからどこかもっと良いところをキープできているのだろう。ひどい声でギャ~と鳴くのが、詳しい友人に依れば「風邪をひいてるか、猫エイズ」なのだそうだが当面見守るしかない。

見守ると言えば、数日前異様に暖かかった時、恐れていたことに遭遇した(いや、大したことじゃないから安心して)。
窓の向こう側に末っ子のヤモリが張り付いていたのだ。
やっぱなー、暖かいから眼がさめちゃったんだなー、でももう虫は居ないんだよー

一応カーテンを開けて電気をつけていたが、やはり蚊ひとつ捕まらないようだった。
あんな小さな体で春まで持つか心配だが、どうしようもない。
暖かい家の中で着ぶくれて熱々のお粥にお茶など戴いているのは申し訳ないようだが、仕方がない。

今日も日が暮れてきた。
毎年今頃、おとーちゃんと「日が短くなったねえ」「寒いのは嫌だねー」[早く春が来ないかな」「それよりまず冬至でしょ」「今年はいつだっけ?」という会話をしたものである。今年は12月22日(土)、中学の冬休み開始と同じ日である。

明日の月曜日は何も予定が無いので、映画に行こうと思っている。今度はマスクを忘れないぞ。
子どもたちが学校に通っている間に、平日を狙って行くつもり。
「ボヘミアンラプソディー」も見たいが、あれは子どもたちには興味無かろうから急がなくて良い。
とはいっても、ごひいきの映画館は「これでやっていけるのか」と思うほど土日でも空いている。
しかし、駐車場は混んでいるし、別の階のゲーセンやボウリングは混んでいるようだからなんとかしのいでいるのかな?そうであってほしい。

最近、テレビで見たい番組が少ない。って、前から嘆いているな、私。
買ったばかりのビデオが不具合で、保証書が見当たらないから処分したら、後から出てきた。
改めて購入するのは業腹なので我が家には録画して後で見る、という選択肢はないから、日曜の「日曜美術館」火曜日の「ぶらぶら美術館」水曜日の「ワイルドライフ・名前忘れたクイズ番組・ヘウレーカ・ねほりんぱほりん」←(水曜日は楽しみなの)金曜日の映画、土曜日の「…」こういう風に、出てこないんだよ、最近!!思いだした、「ふしぎ発見」だ!位しか『いつも見ている番組』がない。
小学生のころ、白黒テレビのチャンネルを回して(!)居たころとあまり変わらない。

当時、よく見ていた「チロリン村とくるみの木」「魔法のじゅうたん」「若い季節」に、黒柳徹子さんがレギュラー出演していた事を思うと、今のお元気な姿がまことにありがたく同慶の至りである。

室温が16度に下がってきた。カーテンを閉めて「夜体制」になろう。
この寒さでは、ヤモちゃんも寝ているに違いない。いい夢を見てくれますように。茶キジが暖かにしていますように。すべての動物や人間がお腹も心も満たされていますように。

[PR]



# by kumikonikki | 2018-12-09 16:33 | Comments(3)

様子を見に来ないで

昨日、息子の婿入り先のママが「ひでちゃんがお母さんが心配だから様子を見て来てくれって」と野菜を持って現れた。
ありがたくもあるが、迷惑でもある。

まず、アポなしで来るすべての人が私には迷惑である。
今沢に住んでいた、「若い嫁」だったころ、家の前に車が止まって義両親が降りてくるのをみて慌てたことが何度もある。
もちろん、部屋が散らかっているのもあるが、それだけが理由ではない。
向こうは「突然行ってもし留守だったら出直せばいいから構わない」と仰るが、具合が悪くて横になっていることもあるのだ。

みなさん、私が具合が悪くてしょっちゅう横になっていること、でも用事がある時は自分で車を運転して出かけることを知っている。
心配してくれるのはありがたいが、来たら元気なふりをする。
もちろん、私はよそのお宅のように「上がっていただいて、お茶を出して、茶菓子も出して」なんてことは致しません!
でも、すっぴんで頭ぼさぼさでボロを着てめそめそしているところを見られたい人なんて、いるかしら?

玄関の戸をたたく音がして、「居る~?」と声がする。
車があるから居るのは確かである。
慌てて顔を塗ったりする暇はないから、ひでぇ恰好のままで言い訳しながら玄関の鍵を開ける。
すこし話し相手をして「でも良かったわ、元気そうで。安心した」と言われると、「全然元気じゃねーよ。でも、そんなことを親しくない人に見せるほど弱くもないけど」と思う。

では、アポ取ってくればいいのかと言うと、そうでもない。
時間が来る前に着替えて、化粧して、(繰り返すが上がっていただいてお茶やお菓子を出すことは決してない)待たなければならない。
ちょうどトイレに行きたい時に時間がぶつかると悲惨である。
家に来られるのは、本当にイヤだ。だって、帰ってくれないんだもん。
そこを気遣って、急いで帰ろうとしてくれる方も居るので、全部が全部と言うわけではないが
時間を守らなかったり、突然来たり、疲れているのに帰ってくれなかったりする人も結構いるのだ。
田舎の人は特に多いね。田舎と言うか、田畑を持っている人の事だけど。
毎日忙しくて、人と会って話をすることが楽しいのかもしれない。

こうして考えると、私が好きなお友達は
①アポ取って、時間通りにやってきて
②離れたところ(家の中が見えない場所)に車を置いて、外で立ち話
③速やかに用件を済まし、矢のように帰る
④「元気そうで安心した」と言わない。かわりに「無理するな、友達を頼れ」と言ってくれる。

3年連続で家族(犬もだけど)を見送り、病気持ちで一人ぼっちになった私が元気なわけないだろう。
10kg痩せたのは見れば分かるはず。
元気そうに笑って見せ、「大丈夫、元気だよ」と言うのがホントなわけないだろうよ。

だからみんな、家に来ないで。アポあっても、無くても。
うちの毒親と同じ、「心配している」なんて嘘だと思う。自分が安心したいだけだ。私は、飢えて死にそうなのに旗を振って芸をして見せた象のトンキーになったような気がするよ。

本を読んだり、テレビを見たり、何かの拍子に嗚咽が出てくる。
会いたいと思うけど、戻ってきてほしいとは思わない。
アイちゃんだって、あんなに具合が悪いのに一生懸命尻尾振ってくれた。とーちゃんだって、背中の痛みに必死でこらえていたのを私は知っている。連れもどして、あの痛みや苦しみに耐える姿など見たくない。
大丈夫、私がそっちに行くから、楽しく過ごして時間をつぶしていてくれればそれで良い。

死んでから行く地獄なんてないんじゃないか、と思うことがある。生き続けることこそが地獄だと思う。(エドガーも同じ意見だと思う笑)
戦争で酷い目に会った人たちや、奴隷として苦しい日々を送った人たちを思えば、私の生活は天国とはこれかと思うほど素晴らしいに違いない。だとしても、やはり早くこの世を卒業したい気持ちに変わりは無い。
もう充分遊んだから、満足したよ。

心配しなくていいからね、冷蔵庫にはケーキが入っているし。明日、マンガが届くといいなー。



[PR]



# by kumikonikki | 2018-12-08 00:53 | Comments(4)

悪性リンパ腫R-CHOP→CHASER→大量抗がん剤投与+自家移植→最初のベンダムスチン→二度目のベンダムスチンで今第5寛解中の病状および日々雑感です。
by kumikonikki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

お気に入りブログ

最新のコメント

> ebloさん 普通..
by kumikonikki at 13:26
フフフ、何と言いましょう..
by eblo at 19:42
> ebloさん また..
by kumikonikki at 11:35
> ebloさん ミカ..
by kumikonikki at 11:30
私は物凄い心配性なんです..
by eblo at 18:56
> みさん みたら、サ..
by kumikonikki at 23:36
> みさん いいよ?年..
by kumikonikki at 23:15
私「くるみ割り」がみたい..
by み at 22:24
ビックリするはずないです..
by eblo at 18:16
> ebloさん 追伸..
by kumikonikki at 17:01

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

嫌な奴
at 2018-12-13 15:48
外猫のビョーン
at 2018-12-12 21:56
寝て自粛→起きてうろうろ→風..
at 2018-12-11 15:35
昨日から寒い
at 2018-12-09 16:33
様子を見に来ないで
at 2018-12-08 00:53

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧