人気ブログランキング |

くみこにっき

<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧




雨だけど私は元気,テレビは病気

c0260570_21103351.jpg
このところ雨続きでなんとなく気が重い。でも,自覚症状がない病気なので本人は至って元気である。病気を口実にソッコーでデイサービスを休職してるので、毎日ぐうたらして天国である。(デイの皆さん、ごめんね)さらに、塾の生徒がこぞって(?)インフルエンザB型に罹ってしまい、(学年末テストの後でよかった!)こちらの仕事も楽勝である。へっへっへー(不真面目!)

たっぷり遊んでやれと思ったら、テレビが壊れてしまった!これではwiiでドラゴンクエストができないではないか!ネットで調べてみると、ハンダ漬け不良で修理代は2万かからないようだ。電器店に言えば、『買い替えろ』と言うに決まっている。で、メーカーに直接電話したら、応対も丁寧で明日修理に来てくれるという。でも、年式が古いので部品が無いかもしれず,その場合は諦めてほしいとのこと。

元々買い替えるつもりでいたので、もし修理出来れば有り難い。『まだ生きているものを見捨てない』私のポリシーにも添う訳であるから,できれば直して使いたいと思っている。




by kumikonikki | 2009-02-27 17:02 | ブログ | Comments(0)

親子

c0260570_21103324.jpg
『ブログを見た』と2人の子供達からメールが来た。読んでくれているんだ、と嬉しかった。以前、会ったことの無い友人、LUCYさんが「近況報告のつもりでブログを書いています」とおっしゃっていたが、私も同じである。加えて,自分の備忘録ね。

子供達にとって私はもちろん親であるが、彼らの祖父母にとっては私は子供である。子供の立場で親のことを考えてみると、私は選んでそうしているのだが,彼らとは縁が薄い。私が勘当されたのは子供達が中学生くらいの時だったから、既に20年ほど付き合いがない。その前の10年くらいは転勤族で盆暮れに一晩泊まるくらいだったので(元夫の実家にはもっといたのだが、彼が私の方の実家に行くのをいやがったのでいつも一泊しかできなかった)もっと長い間のような気がする。

向こうも娘が寄り付かなくて寂しかったかもしれないが,こちらも親に頼ることが出来なくてそれなりにしんどいこともあった。「なんでご機嫌伺いに来ないのだ!」と言われて、勘当したのはそっちなのによく言うよ、と思ってそう言ったら,それっきり何も言って来なくなった。

よその親子関係が良い家庭を見ると、羨ましくもあり,不思議でもあった。トシをとって今度は自分が親の立場になってみると、こんな親なのによくも子供達がいやがりもせずに付き合ってくれるものだとありがたい気持ちで一杯である。

私の母親が、「今にアンタも子供達に捨てられる!」と不吉な予言を吐き捨てるように言ったことがある。確かに,私はあまり良いは親ではなかったと思っているので,そうなっても仕方が無いと諦めていたのだが,いまだに良い関係を保っているので、とてもうれぴー

連れ合いのあけ氏には子供がいないので、いつもうらやましがっている。『私がいなくても、彼らはとーちゃんと他人にはならないよっ』と言っているのだがなんせ悲観論者のあけ氏、『そうかなあ…』と懐疑的。

思うに、血縁関係でない「身内」という関係はできないものだろうか?例えば,独身中年の仕事を持つ女たちが、友人同士で『何かあったら助け合おう!』と話し合っていると読んだことがあるが、そんな結びつきが出来れば良いと思う。

デイで知り合った高齢者、これまでに知り合った障碍のある独り者たち、血が濃いものも、遠縁のものも、当てにならないことは他人と変わりない。しぶしぶつながりは切らずにいても、孤独な高齢者が多いのは周知のことである。血縁に頼らない『家族』というのも、ありじゃないかなあと思うのだが。




by kumikonikki | 2009-02-26 17:02 | ブログ | Comments(0)

3月は乳癌、その後2回戦目へ

今日は急遽がんセンターへ、乳腺のTドクターに会いに行ってきた。昨日撮ったPET-CTの画像がもう出来ていて、左の耳の前と右の骨盤の出っ張りの内側あたりにしっかり影が映っていた。耳の前の方は自分で気づいていたが、骨盤の方はそのあたりを触ってみると確かにドングリみたいな固いものがあるのが分かった。

ところで、ドクターの話。乳癌はごく初期で(ゼロ期かと思ったら1期だって)、転移もなさそうだから手術で終わるだろう、リンパ腫の方はといえば抗ガン剤治療は半年かかるし、進行もゆっくりだからひと月くらいではそんなに変わらない、だからまず乳癌を片付けてからリンパ腫の治療をするのがよかろう、と池田Drと話したそうだ。

手術と抗ガン剤は体力の関係で同時には出来ない(ま、そりゃそうだろう)ので、乳癌は手術とその語の治療で3月一杯かかるとみて、リンパ腫の方は3日の予約日に詳しく池田Drに聞いてくれ、とのこと。

で、手術はどんな具合かというと、まず腫瘍を取って,センチネルリンパ節(見張り番リンパ節と言って、転移する時はまずここのリンパ節を通るので、ここに癌がなければほぼ確実に転移は無いそうだ)にがん細胞がないか術中にチェックし、あればリンパ節の一部を摘出、無ければ癌だけでおしまい、にするそうだ。

時間は腫瘍だけなら早くて1時間半、普通2時間。センチネルを取るならプラス1時間、もちろん全身麻酔。帰りに入院受付を済ませて帰宅。入院は手術前日の4日、部屋は大部屋(と言ってもがんセンターの場合は2人部屋)希望で頼んできた。2日ごろに決まるそうなので、外来に来たついでに結果を聞きに来ることにした。

4日と言えば,公立高校の入試である。3年生たちに、お互いに頑張ろうぜ!と話して、合格発表の時はまだ入院中かもしれないから,メールでも入れてくれ,と頼んだ。2年生以下の子達には、1週間ほど休むことを明日から連絡しなくては。




by kumikonikki | 2009-02-26 00:02 | ブログ | Comments(0)

手術は3月5日

今日は緩解一年目のPET-CT。先日までは楽勝、楽勝!と思っていたが、そうでもないみたい。

昨日の夕方、乳腺外科の主治医から電話がかかってきた。(がんセンターは、大事なことはちゃんとドクター自ら電話をかけてきてくれる)大事なことはね。

それは、先日のCTで骨盤にリンパ腫らしきものが見つかったというものだった。ジャーン!再発かも。

画像をリンパ腫の主治医である池田ドクターにも見てもらい、この際、簡単な乳癌をさっさと採ってしまった方が次の治療に好都合だろう、ということで急遽空きができた3月5日に手術することに同意してほしい、というものだった。

その前に早くなった手術の説明やら、池田ドクターも加わっての戦略会議(?)をするので、明日も病院に来るように、とのこと。おやおや。

5日が手術なら、入院は4日。そして2日、3日はずっと前からの血液幹細胞科の予約が入れてあるので、当分仕事は休まなければ行けないとデイサービスに電話を入れた。これは、いずれそうなると予告しておいたのですんなり。

図書館に本を返しに行ったり、2月一杯の期限の書類を出したり、確定申告もしてこなくちゃ!でも、デイサービスを休めてるんるん

費用のことを考えるとるんるんじゃなくてもんもんだけど、ま、明日は明日のこと、今日は今日の仕事を片付けよう。

ont>



by kumikonikki | 2009-02-24 22:02 | ブログ | Comments(0)

忘れてばかり

c0260570_21103233.jpg
去年のにっきを読み返すと、本当に何もかも忘れていることにびっくりする。『人は忘れるものなんだなあ』と改めて思う。でも、こうしてきっかけがあると思い出すのだから、無くなってしまっている訳じゃないんだね。

去年のことばかりじゃなく、つい最近のこともすぐ忘れてしまう。ワークを忘れて来る生徒、月謝を忘れる保護者をとやかく言えた義理ではない。そもそも、人間の細胞なんて日々死滅しては新しく生まれているのだから、記憶が残っていること自体が不思議だと言えなくもない。例えば、私の身体の中の細胞の中で、子供の頃のが今でも残っている部分ってあるのだろうか?

デイサービスで、昔の話をお年寄りから聞かせてもらうのが楽しい。戦争も、昔の生活も実際に体験した人の話だから面白いというと語弊があるが、とても興味深い。本当に、いろんな苦労をされてきたのだなあと思う。若い(90歳すぎの皆さんに比べれば)私が喜んでお世話させて頂こうという気になる。

しかし威張り散らしているじーさんには、今までどんな生き方をしてきたやら、という気持ちになり、態度こそ丁寧だが腹の底ではじーさんより連れ合いのばーさんの方に同情している。今まで、心からいいお爺さんだなぁと思ったのはお舅さんに当たる人くらいしかいない。苦労した人ほど優しくなれるのだろうか?うちのお父ちゃんを見ていると、そんな気もして来る。




by kumikonikki | 2009-02-23 00:02 | ブログ | Comments(0)

頑張れ女達

何度も言うようだが、私は日本の男どもが嫌いである。以前はむしろ『女は嫌い』と言っていたのだが、最近は自分の頭で考えて自分の力で行動するいい女が増えてきた。

日々の生活には、自分だけの個人的生活、家族や友人との家庭生活、もっと広い範囲の社会生活があると思うが、そろそろ最前線から退こうとしているアラ還の私としては、銃後の後方支援として、前線で闘っている女達のサポートをしたいと思っている。

具体的なサポートというと、やっぱ子育て支援かな?働く母親の一番の悩みは子育てだそうだから、。

今やっている仕事は、リタイヤした女達のお世話をすることで、これも中々やりがいのある仕事である。(あまりに報酬が少ないが)まだ余力があるので、今度はもっと若い世代のサポートをやってみたいと思う。

問題は生活費をかせがにゃならんと言うことで、今のところボランティアでやれるほどの時間的・経済的余裕が無い。有償でやるには、介護の仕事同様「自分の持ち家があるか、生計を受け持つ世帯主が別にいる」のでなければやって行ける額ではないことだ。

ろくな仕事もしないで高額の賃金や退職金を手にする男どもがいるというのに、手のひらにウ○コを載せているじーさんに怒鳴られながら、ていねいにお世話をする私たちの時給が850円というのは納得がいかない。威張っているおっさん達に、「あんた、850円やるからやってごらんよ!」とそのウ○コを投げつけてやりたい。




by kumikonikki | 2009-02-21 13:02 | ブログ | Comments(0)

『焼け火ばしを刺すような痛み』って?

パーキンソン病で苦しんでいる友人が、全身の絶え間ない痛みに苦しみながら、その痛さを『焼け火ばしを刺すような』と表現した。
彼女に心から同情しながらも、「でも、焼け火ばしを刺したことってまだ一度も無いんじゃないかなー?」とつい考えてしまった。




by kumikonikki | 2009-02-20 14:02 | ブログ | Comments(0)

針生検やってきました

針生検とは、エコー画像を見ながら腫瘍に太い針を刺して組織を採り、腫瘍が良性か悪性かタイプを見極めるというものです。

私のプチ腫瘍は皮膚の下約1センチのところにあり、ざっとエコーで場所確認してから皮膚の麻酔(イテテ程度)、次にもっと深部の麻酔(イテッ程度)、そして針を刺します。

横目でエコー画像を見ていると、腫瘍に針が刺さっていくのも、ズズズと針の中に組織が吸い込まれて行くのも見えて面白い。

すぐに終わって、『採った組織って、どんな状態なんですか?ウジュウジュしてる?』とドクター(前にリンパ球を採った時もそうだったけど、今回も初めて会うドクター)に尋ねると、「鉛筆の芯みたいなモノですよ」とシャーレに入ったそれを見せてくれた。短いの、中くらいの、長いの(といっても2センチくらいかな)と3本あって、『この黄色いのは脂肪ですかね?』「この先の方は脂肪ですね。でも、この赤いのは組織です」『ほほ〜』

今日はシャワーはいいけど、風呂は3日我慢せい、とか一番下のテープは自然にはがれるまでいじるな、なんて注意を受けておしまい。昼頃に終わったけど、今日は売店のお弁当は見るだけで買わずに帰る。

犬のおもちゃや塾のコピー用紙など買い物を済ませて帰宅。




by kumikonikki | 2009-02-19 13:02 | ブログ | Comments(0)

バンザイでMRI

今日はエコーとMRIである。今がんセンターは駐車場工事中で、離れたところの臨時駐車場に誘導されるのだが、そちらからだと病院の建物までに強烈な階段を通らねばならず、一度で懲りて『階段が辛くて…』と平面駐車場へ入れさせてもらっている。抗ガン剤の副作用で歩くのがやっとと言う人が多いせいだろう、すんなりとOKが出る。それでも沢山の車が臨時駐車場へ向かうものだと感心していたら、家族などの付き添いと一緒に来ている人が多いからだと分かった。元気そうな人でも誰かに付き添ってもらっているのを見ると、不思議な気がする。

それはさておき。
エコーは検査室を暗くするので、条件反射ですぐ私は眠ってしまう。かつてMRIの騒音の中で眠ってしまった事のある私だが、今回は勝手が違った。背中から胸部をとるというので、うつぶせでバンザイの姿勢なのである。ところが私は50肩で腕が上がらない。枕を高くしてもらい、「20分ですから頑張って下さい」と言われて器械の中に入ったが、ツラいこと、辛いこと。眠るどころではない。

首をもたげてみたり、腕に力を入れて肩をゆるめたりして「あと8分です、がんばって!」『ふぇ〜い』と情けない返事をする。耳栓代わりのヘッドホン(前回は本当に耳栓だった)を通してガンガン聞こえる音が、ブッター、ブッター、ブッター!と聞こえる。音が変わってボチッ!ボチッ!ボチッ!さらに重ねてマダッ!マダッ!マダッ!と響いてきて、私は思い込みが強いタイプかもしれないと思った。バランスを崩したら、聞こえない声が聞こえ足り見えるはずの無いものが見えたりするかもしれない。気をつけよう。

途中造影剤入れたりしてようやく終了。器械から出て改めて見ると、中はかなり狭い。閉所恐怖症の人にはつらい検査だというのも頷ける。『これ、太り過ぎで入れない人っていませんか?』と聞いたら、「今のところいませんが、あるかもしれませんねー」ということだった。大助・花子の「この人、頭大きすぎてCT入らしまへんねん」も、MRIなら「ほんまでっせ!」かもしれない。

昼過ぎで終わって売店でお弁当を買って帰った。家で食べたそれは、昔の給食を思い出させるまずさだった。たとえ300円であったとはいえ、次は買うまい。

ちょっと怖い話をひとつ。右の耳の下あたりに、腫れを見つけた。触ると痛む。まさかリンパ腫?あさっては針生検、来週は緩解後1年目のPET-CT検査である。がんセンターへ行くと、この中で何かあっても、自分のせいじゃ無い、という気楽な気分になる。ドクター始め病院の皆さん、大変でしょうが頑張ってね、という人任せ気分。

BOOK-OFFで掘り出し物をゲットして家に戻りました。




by kumikonikki | 2009-02-17 16:02 | ブログ | Comments(0)

とりあえず私立高校合格発表

まずは私立校の合格報告が次々と来て,一安心。次は本命の県立なのだが、今年はどうもテンションが上がらない。苦手を克服しようとは思わないらしく、易しくて出来そうな問題ばかりをやっている。『合格はしたいけれど,努力はしたくない』という態度である。全般的にしんどい事はイヤだけど良い結果だけは手に入れたいという、虫の良い考え方が蔓延している。『簡単に手に入るのは価値のないものばかりだよ!』と叱咤するのだけど、「う〜ん、でも面倒くさい」しょうがないなぁ…

『身体壊すから、タバコを吸うんじゃない!』というと、「オレ,高校に入ったら禁煙するから大丈夫」というふざけたヤツもいる。「オレ,自分のガキができたらずぇったいタバコはすわせない」というので、『お前にタバコを許している親をどう思うんだ?』と聞くと、「一応よせとは言うけど、諦めててそれっきり。そもそも、言う事きかねーし」

タバコをカートン買いするという彼に、『その金はどこから来るの?』と聞くと,金回りの良い友達がいるのだという。『そいつはどこから金を手に入れるの?』「親とか、じーちゃんばーちゃんが甘くてうんと金くれるんだって」『かわいそうなヤツだねー』

私が花粉症で目が痒い、というと、どの目薬がきくの、テレビでこうすると良いって言ってた、とか漢方でオレは治ったとか、可愛いところがあるのだ。つまり、幼稚なのかもしれない。高校へ入れれば良いけど、難しいんじゃないかな…入れなかったら、また荒れるんじゃないかな…親を散々泣かせて、高校を中退して出て行ってしまったシゲは今どうしているんだろう。もう落ち着いただろうか。




by kumikonikki | 2009-02-16 22:02 | ブログ | Comments(0)

悪性リンパ腫R-CHOP→CHASER→大量抗がん剤投与+自家移植→最初のベンダムスチン→二度目のベンダムスチンで今第5寛解中の病状および日々雑感です。
by kumikonikki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

お気に入りブログ

最新のコメント

お疲れ様でした。おもしろ..
by saheizi-inokori at 12:06
足の痛みにも由りますがツ..
by 群馬のnさん at 08:19
祝!!退院。 少し涼し..
by LUCY at 06:26
> 群馬のnさん 半分..
by kumikonikki at 17:54
> LUCYさん 時差..
by kumikonikki at 17:49
ゴメンね!私が娘を頼りに..
by 群馬のnさん at 07:56
台風!! そちらは大丈..
by LUCY at 06:52
> saheizi-in..
by kumikonikki at 15:40
> LUCYさん 私も..
by kumikonikki at 15:37
> saheizi-in..
by kumikonikki at 15:36

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

むすめにっき26
at 2019-09-13 23:45
むすめにっき25
at 2019-09-08 01:23
むすめにっき24
at 2019-09-07 22:51
むすめにっき23
at 2019-08-30 19:48
むすめにっき22
at 2019-08-30 19:08

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧