人気ブログランキング |

くみこにっき

<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧




図書館への裏技と腰痛

何度行っても駐車場に入れない図書館、エアコンをつけない(一応あるのだけれど、軽だもんであまり役に立たない)車の私はじっと行列に並んで待つなんてとてもできないのでその度に引き返してきたが、これでは埒があかないとダンナに付き合ってもらう事にした。

ダンナは車椅子なので、専用の駐車場に入れるのだ。(日頃不便を強いられている障碍者、このくらいの便宜がはかってもらえんでどうする?!)

と、いうわけですんなり行列を横目に駐車できました。もちろん、限度一杯の13冊借りてきましたとも。

で、ご満悦であの本、この本と朝食バイキングに興奮したおばちゃんのようにつまみ食い。う〜ん、どれもおいしい!

と、喜んでばかりもいられない事態が発生。腰痛が始まったのだ。

かつて、歩けなくなるほどの腰痛持ちだった私、ダンナや娘に英文法の本で(なぜかこの本の厚みと固さがちょうど良かった)腰を叩いてもらうのが日課だったが、いつとはなしに縁が切れていた。それなのに、突然の再発!

寝ても座っても腰が痛む。かつてのように、尻の筋肉を指で押すと跳び上がるほど痛い。暑い暑いと部屋から出なかったのがいけなかったのだろうか?仕事にはちゃんと行っているし、勤務中は特に気にならないのだけれど。

以前の腰痛の時、「あなたは腹筋が無さ過ぎて、それを臀筋で補っているからこうなるんですよ」と言われた事がある。確かに、腹筋運動をすると始めと終わりしかできない(つまり2回こっきり)。がんセンターの掃除と駐車場の往復でかなり歩くので、ちょうどいいリハビリだと思っていたのにそろそろ次の段階へ進めという事だろうか。

去年の今頃は寝たきりで1日1000歩がノルマだった。病院内の平らなフロアを歩くのは楽勝だったが、退院してしばらくは立っているのもやっとでスーパーのカートにつかまってようやく歩いていたのを思えば、サクサク歩けるようになったし階段も登れるようになったのだから見違えるようである。

次は走れってか?

腰痛が来ると(いや、他のどんな不調でも)、すわ、再燃か?!と震え上がってしまうのだが、この間PET-CTで再燃無しと言われたばかりなんだから、それは無いだろう。いや、万が一骨髄内だったら…まさかね?

前回の外来で、どんどん運動しろとオグオグに言われたのだから、頑張ってスクワットでもしようと思っています。がんばれ、くみこ!寝転がって本ばっか読んでるんじゃねーぞ!



by kumikonikki | 2010-08-30 13:08 | ブログ | Comments(0)

近所の皮膚科へ

右手の指にウオノメのようなものができて鬱陶しい。そのうち消えるだろうと高をくくっていたが、治る気配がない。そのうち、もうひとつ出来てきたので面倒くさいが皮膚科に行ってきた。

行く前にネットで調べたら、ウオノメに似ているけど違うらしいという事もわかり、「これはイボかな?」と思ったらやはりそうだった。冷凍凝固法で、液体窒素で凍らせて取るそうだ。週1で通いなさいとの事。「で、1ヶ月くらいで治りますか?」「いえ。」あらら…

イボ、って名称がなんだか嫌らしい感じ。魔女の鼻に大きなのがついている、あれが私のイメージ。そういえば小学生の頃、手の甲やら指にできている子がいたっけ。「イボガエルにさわるとできる」って言われていたなー。ウイルス性なので、傷のある所に触れると移るそうだ。

待合室で読んだ雑誌に、「健康でいることが一番の倹約になる」って書いてあり、全くその通り!!と膝を打つ思いがした。毎月の医療費が1万を越え、今月は特にPET-CTのお陰で食費を上回る金額になっている。高額医療補助制度があって助かるといっても、支払先が同じでなければ対象にならないので、私のようにあちこち分散していると合計額は大きくてもそれぞれは基準以内なので戻って来ず、残念至極。だからがんセンターで「糖尿の管理は別の医師にかかって下さい」と言われた時にはがっかりした。

医療費がなければ、家計もかなり楽になるんだけどねー。ケチる訳にもいかないし、外国人の出稼ぎの人など、健康保険に入れない人達はどんなに困っている事だろう。でも、今住んでいる所は近くに色々な医院があってとても便利。何かあっても数時間かけて行かねばならない地域の人の事を思えば、恵まれている。三島の町はコンパクトでどこへ行くにも時間がかからず、大いに気に入っている。

元々この町は富士山の雪解け水がそこら中で湧いていて、子供の頃は家の前の川ででお米を研いだり、野菜を洗ったりしている家が多かった。今は工業用水を汲みだしているせいかすっかり枯れてしまい、市でも「街中がせせらぎ」に戻るように色々頑張っているらしい。

水が豊富だから緑も多く、歩けば涼しげな流れや木陰がまだ残っている。散歩しながらスケッチでもしたいと思う所以である。でも、テレビで見る外国の町並みにはもっともっと素敵な所が多く、満員電車の人混みを家に置き換えたような、隣の家と肩が触れるような住まいはいやだなぁとも思う。

でも広々とした、近所が気にならないような住環境だったらこんなに便利ではなくなるだろう。座ったまま何にでも手が届く4畳半暮らしと、しんと静かな広いお屋敷のようなものだろうか。それでも、倉庫の中のようなごちゃごちゃした殺風景な都会に住むよりははるかに快適で、私はいろんな美術展やイベントがある都会が羨ましい時もあるけれど、住みたいとはやはり思わない。

だからといって、他に関心の向けどころがなくて近所の動向に耳をそばだてているような田舎もまっぴらだ。やっぱり今住んでいる所くらいがちょうどいいのかもしれない。



by kumikonikki | 2010-08-28 13:08 | ブログ | Comments(0)

日が短くなってきた

木曜日はたった1人の生徒が来る日なので、がんセンターを7時に抜けて大急ぎで家に帰る。

この間まで外に出るとまだ空が明るくて感激したものだったが、やがて街灯がつくようになり、紺色だった空が真っ暗になってきた。秋になっているんだと思うけれど、この暑さは何事だ!

毎日、制服の(青い化繊の暑苦しいポロシャツにエプロンを着せられる。そういえばエプロンがないだけ男性の方が涼しいかも!)上半分は汗でぐっしょりである。掃除用具の狭い倉庫は窓がないので、みんなの汗の匂いがこもってたまらん状態になっている。

5時に清掃開始の採血室の前で、ダンナの姪っ子とその母親に出くわした。遺伝性の大腸がんの家系ゆえ、まだ二十歳の若さで来月大腸全摘の手術をすることになっている。

彼女の父親、つまりダンナの弟が同じ手術を受けたのは、彼女がまだ赤ん坊の頃でダンナはまだ函南に住んでおり、知らせを聞いたダンナは「弟じゃなくて俺だったら良かったのに」と涙ぐんでいた。(私はそうは思わなかったけど)

当時の手術は大変で、確か1ヶ月以上入院していたように記憶する。嫁さんは赤ん坊だった彼女を姑であるおばあちゃんに預けて病院で付き添っていた。

ところが、彼女の手術は腹腔鏡を使うので傷口も小さく、術後10日で退院できるのだと言う。本当にがんの治療はどんどん進んでいるのだと改めて感心する。

彼らの震源地(?)とも言うべき、大腸がんで40そこそこで亡くなったダンナの父親も、今ならあんなに(といっても話に聞いただけであるが)辛い思いをせずにもっと生きられただろうに。幼い頃に亡くなってしまい、韓国にいるであろう父親の係累もわからなくなってしまったが、ダンナの祖父、曾祖父にあたる人達も同じ病気で苦しんだのだろうか。

がんセンターで遭った姪は年頃の娘だから当然かもしれないがかわいらしく美しく、小学校の入学式でふくれたほっぺたをしていた素朴な子供と同じ人物とは思えなかった。若いっていいねー。私ももっと遊んでおけば良かったなー。



by kumikonikki | 2010-08-27 00:08 | ブログ | Comments(0)

読んだ?

本が好きだとか活字中毒だなんぞと自称している割に、読んだ本やその内容を覚えていない。いや、本だけでなくすべてにおいて記憶が曖昧である。

若い頃からそうだったし、歴史や単語、記号、公式、暗記ものはどれも苦手だった。家族の手前賢そうな振りをしているが、実際はかなり頭が弱かった。昔の通信簿が残っていなくて幸いである。(実はひとつ残っているのを発見したのだが、目を疑うほど悪かった)

記憶力が悪くて困る事は多いが、良い事もある。

うちの本棚の30%くらいは雑誌のバックナンバーである。普通、読み捨てにするような婦人雑誌もほとんど捨てずにとってある。

例えば今8月で、数種の雑誌の8月号がここ10数年分あるので引っ張りだして読んでいるが、結構楽しめる。内容を覚えていない証拠である。

同じテーマが繰り返し載っているのもわかって面白い。やれ、押し入れの収納や「おばあちゃんの知恵袋」的なもの、洗濯や掃除のうまいやり方ややりくりに関する事など、中には10年の間に変わって来たものもあって興味深い。

手づくりに関する記事は、だんだんお手軽になって来ている気がする。近辺の手芸屋さんのいくつかは閉店してしまったし、残っている店の品揃えも技術がいるものは置かなくなってきたように思う。布も木綿ばっかりで普段着しか作れないような素材ばかり。

パッチワークやビーズなど手軽に始められるもの、数時間で仕上がる簡単なキットなどがほとんどである。専業主婦が減って時間がなくなってきたせいだろうか、不況でお金のかかるお稽古ごとに回すお金も時間も足りないからか、100均で色々な雑貨が手に入るし、安い既製服がこれだけあれば手間ひま掛けて手づくりした方が高くつくし。

万事お手軽になってきて、時間のかかるものは何もかも敬遠されているように感じる。以前、中学生に聞いたら漱石も鴎外も読んでおらず、シェイクスピアが誰かも知らなかった。(なんて偉そうに言っている私も読んでいない古典の方が多いし、最近は気軽なエッセイやマンガばかり読んでいるではないか)

覚えが悪いから同じ雑誌を何度でも楽しめるなんて自慢したが、覚えが悪いもんで家にある本なのにまた買ってきたり図書館で借りたりというヘマも繰り返している。

覚えるのが苦手だから登場人物の多い小説はこんがらがっていやになるし、人間関係が理解できなくて推理ものがお手上げになってしまって久しい。目が悪いから細かい活字は鬱陶しいし、子供向けのファンタジーなんかが挿絵もあって楽しめる。

もっと歳をとったら絵本ばかりになってしまうんではなかろうか。

昨日、久しぶりに串田孫一のエッセイを読んだら、読めない漢字が沢山あってがっかりした。子供の頃のように近くの大人に「これなんて読むの?」と聞く訳にも行かないし、漢和辞典も入院前の片付けのどさくさで処分してしまったらしく見当たらない。

そういえば、漢字変換で後の方に見た事も無いような漢字がずらずら出て来ると己の無知さ加減にちょっとイヤな気分になる。

イマドキの子供や親の事をとやかく言えた義理ではないのかもしれない。



by kumikonikki | 2010-08-26 01:08 | ブログ | Comments(0)

残暑続く

薬が切れたので昨日はダンナといつもの内科に行って来た。いつも混んでいて、2時間待ちはざらなので、先に私が診察券を出しに行く事を思いついた。(もっと早く思いつくべきだった!)

近所なので1時間ほどしてダンナと出直したのだが、それでも1時間以上待つ事になった。

で、今日は皮膚科か眼科に行こうかと思っていたら、ダンナがダウンしてしまった!昨夜からひどいしゃっくりが断続的に起き、よく眠れなかった。今朝も同じようで、ついでに吐いてぐったり寝ている。

今月初め頃から背中の痛みがひどくて下痢も続いているし、食欲は相変わらずなくてろくに食べないまま農園に出たりしていた。お盆も過ぎて、この夏の無理が出て来たのだろうか。

辛抱強いのも良し悪しで、いつも大丈夫、大丈夫と言いながらちっとも大丈夫そうに見えない。心配ばかりしている私はついきつい事を言ってしまう。

申し訳ないとも思うけれど、無理して体調を崩すならのんびりぐうたらして心配かけずにいてくれた方がいいと思うのだ。

彼は彼で、頑張って働いている私に申し訳ないと思うのだろうが、私は無理のない範囲で仕事をしているので、数時間の「1人になる時間」さえ確保できればなにも問題ない、と思っている。

オバツーさんの愚痴なんぞ自分のストレスの吐け口をダンナに向けるものだから、それがいけないのだろう。ダンナはなんでも貯め込む方だから、黙って私のストレスを受け止めて自分の中に溜めていて、それがこの暑さで発酵して爆発したのかもしれないね。

発酵と言えば(ちょっと無理があるが)、娘が大嫌いで私が好きなのが納豆である。以前、テレビでステーキと納豆は栄養的には同じだと言っていたのを聞いて、ますますお気に入りとなり、冷蔵庫に切らさないようにしている。

その納豆の、これまで買っていた3パック98円のからさらに安いPB品の78円に変えて悦に入っていたのだが、ふと「なんか、量が物足りないような…」と気がついて調べてみたらやはり容量が少ないではないか!

目先の金額にだまされてしまったバカな私、さっそく元のブランドに戻りましたとさ。



by kumikonikki | 2010-08-24 13:08 | ブログ | Comments(0)

お仕事がんばろう

c0260570_0105010.jpg
昨日、車の免許更新に行く途中、道路のあちこちに交通量調査らしい人達がカウンターをカチカチやっているのを見かけた。

この暑いのに日陰もない所で大変だなーと思って見ていたら、誰も同じ事を考えたようでがんセンターの更衣室でやっぱその話が出た。

「私らも大変だけど、あの人たちはもっと大変だね〜」
「アルバイトだろうけど、若くなきゃできないよね〜」
「よっぽど貰わなきゃ合わないよね!」
「一日いくらくらいになるのかしら」
「1万くらいじゃやりたくないなー」
「でも、3万くれるなら、ワタシ考えるな…」
「私も3万ならやってもいい」

カルロス・ゴーン氏は時給にするといくらなんだろう…?

明か蔵でキリキリ働く事を覚えると、がんセンターでのみんなの動きがとろく感じられる。ブレイクダンスとハワイアンくらいリズムが違う。

だもんで、がんセンターの仕事がずいぶん楽に感じるようになった。体力がついて来たせいかもしれない。

オバツーさんも、どういう訳か態度が変わって来て、私にいろいろ聞いてくるようになった。「いのさん、この部屋もう終わってますか?」『さっきオバワンさんがやっていましたよ』「今日は椅子拭きます?」『いや、棚やりましょう』「次はどこやります?」『向こうのブースお願いします』などと後輩の私が指示出ししたりして。

この間、楽な仕事ばかり選んでやっているのを注意したのがきいたのかしらん。みんなが陰で悪口言っているのを、直接注意しただけなんだけど。結局、気がつかないだけで悪気はないのだから、わかるように言えばいいのかもしれない。

がんセンターの仕事もプロの掃除の仕方がわかってなかなかためになる。ヘルパーの仕事に役立ちそうだ。どんな仕事も「なーるほど」と思う所があって、お給料だけでなく得るものがある。



by kumikonikki | 2010-08-19 12:08 | ブログ | Comments(0)

今日も猛暑

箱根の仕事を終えて家に帰ると、室温33度だった。伊勢崎では38度とニュースで行っているが、群馬の友人たちは無事だろうか?

明か蔵のオーナー氏の話では、「去年はエアコンが必要だったのは数日で、テラス席の方が気持ちがいいと人気だったのに、今年は本当に異常です」

とはいえ、山から降りて来ると三島の町は熱気がこもっていて、うんざり。

三島の少し山よりの所に養豚場があるそうで、風向きによってはひどい匂いが漂って来る。豚は本来きれい好きな動物だそうで、こんな臭気が流れてくるようでは掃除が行き届いていないのかもしれない。豚たちが気の毒な気もするが、彼らと人間の好みは違うだろうからそれほど気にしていないのかもしれない。

牛を飼っていた友人が、乳を出さなくなった雌牛を屠殺場のトラックに乗せる時、必死に脚を踏ん張って嫌がるのを泣き泣き「頼むから乗ってくれ」と押し込んだと言っていた。牛も豚も、殺されに行くのはわかるのだろう、それを思うと辛くなるのだがやはり菜食主義にはなれない。自分で殺さなければならないのなら、肉無しでもいられるかもしれないが、スーパーのパック詰めを気軽に篭に放り込む自分はイヤな奴だと思う。

先週の金曜日は箱根の仕事が終わってからがんセンターにも少し遅れて行ったのだが、昨日今日はバテて休みのままにした。この間のことを思えば、この程度の手不足は無理して行くほどのことはないだろう。介護の仕事を始めれば、今までのようには行かないと責任者の人にもあらかじめ言ってあるし、他の人達のむちゃくちゃな休みっぷりを見ていると「この職場はこれが当たり前なんだ」とあきれるばかり。

それでも、同僚に迷惑がかかると思うと頑張って出勤しようかと言う気になるが、オバツーさんの顔を思い浮かべると「ま、いっか」と腰を落ち着けてしまう。どんな仕事も商売も、結局は「人」が大事なんだと改めて思う。どちらの職場でも、何か尋ねたり頼み事があったりする人は、やはりソフトな感じの人に話しかけるように思う。(私自身はハンサムな人を選んで声をかけております)ウチのダンナが農園で仕事中に道を尋ねられる事がよくあるそうだが、誠実な人柄が外見に現れているからだと思う。(でも、言語障害があるとわかると皆手のひらを返したような不愉快な態度に変わるそうだ…)

私がうんと若い頃、とんがって「寄ラバ斬ルゾ」的な雰囲気をまとっていた頃は知らない人に話しかけられる事は皆無だった。長じて多少角が取れてきた途端、ばーちゃんに時間や道を聞かれたり、何かを頼まれたりする事が増えてきた。大いに喜ばしい事だと思っている。

つい、調子に乗って駄文を長々と書いてしまった。

最近、ばね指が広がってきて、両手ともぎゅっと握る事ができなくなってきた。かろうじて3本指で車のハンドルは握れるが、縫い物や雑巾を絞るなどの動作がやりにくい。キーボードを叩くのも良くないようである(私は昔のタイプライティングの癖でかなり強く叩くからかもしれない)。燃え盛るビルの屋上からロープを伝って逃げるなんて羽目になったら大いに困るだろう。で、今日はこれまでね。



by kumikonikki | 2010-08-17 18:08 | ブログ | Comments(0)

第一目標達成

入院中、亡くなったともこさんと「生きて還暦を迎えたいね〜」と話していた。天国から「迎えられたね、おめでとう!」と声がするようだ。

ダンナからイヤリング(私の好みの、ぶら下がるタイプ)、みちこから電話をもらい、犬たちからはいつも通りの「おかあさん、だいすき」のキスの嵐。幸せです。

移植に向けての再入院を誕生日前日にしたのもよかったねー。

さて、今日は完全OFFなので一日家にいました。顔も塗らないし、入れ歯もいれない(大量抗ガン剤治療のために、虫歯でもない元気な葉を2本抜かなければならなかったのが今でも残念)で終日だらだら。

ダンナが、バースデーケーキを買いにいって、ごちそうを食べよう!と誘ってくれたのだけれど家から出たくないと言ってまた今度にしてもらった。お墓参りに行く予定だったのに気がついたら日が傾いていて、明日以降にこれも延期。この1年の間に亡くなったあの方、この方のお宅では新盆を迎えておられることだろう。

私は仏教徒ではないと思っているから、お経なんてあげてもらわなくていいけど、家族が集まって昔話などして食事をしたりするのは良いなと思う。私の時にはみんなで「しかし良く喰う奴だったよなー」と笑いながら私の好物などを召し上がって頂きたい。

明日から3日間、箱根明か蔵でお仕事である。忙しいことは大いに忙しいが(汗を拭う間も、水を飲む間もないくらい)気持ちの良い忙しさである。テニスで良い勝負をした後のように、疲れて汗だくだけれど爽快になる。がんセンターの方は、やたら汗をかくけれど爽快感はない。仕事は慣れてきたので疲れるほどではないし、かといって楽しくもないし仲間とあって嬉しいということもないが、暇つぶしでお給料もらえるだけのこと。

最近元気になってきたせいか、家にいても退屈だ。面白い本でも読みたいが、図書館は車が停められないし本は買えば増えてしょうがないし、暑くて出掛けるのは億劫だし。

昔子供の頃、夏休みが退屈で退屈で仕方が無かったのを思い出した。家の中で「退屈だ、退屈だ」と嘆いて八幡さんでも行ってきなさい、という親に「もう飽きた〜」とぐずっていたっけ。

周りに友だちもいないし、テレビもまだNHKくらいしかなかったし、周りには魚屋と八百屋くらいしか無くて確かに退屈だった。やることが無くて親の本棚の松本清張や旧仮名遣いの文学全集なんぞを読んでいたのが、結果として国語力をつけてくれたのだろう。小人閑居してやや善を成したのかもしれぬ。

思えば、1人でいるのが好きになったのはそのゆえかもしれない。同じく退屈していたであろう兄は遊ぶというより私にちょっかいを出して憂さ晴らししていたくらいのもんだったし、大人は勉強しろの、爪を噛むなの、行儀が悪いのと干渉するばかりのように感じた。

今思い出しても、一番戻りたくない時代である。

しかし戦争があった訳でもなく、貧しくても日本中が貧しかった時代なのでそう苦にならなかったし、病気もせず不幸という訳では決してなかったのに、「あのころは良かった!」と思えないのはなぜだろう?やっぱ家庭内の、特に母親の不満が充満していた家の空気が良くなかったのではないだろうか。

お金があってもなくても、仕事が大変でも疲れていても、幸福感とはやはり人間関係にあるのではないだろうか。

去年は病気をしていて、治療も大変だったが家族も友人も暖かくてとても幸せだった。イヤだったのは、うるさい同室の人や一人きりになれないことだったから、やっぱ幸せは私の場合お金ではないようだ。



by kumikonikki | 2010-08-15 00:08 | ブログ | Comments(0)

まずはご報告

PET-CTの結果が出ました!OKです!オグオグドクターに3D画像をぐるりと回してみせてもらいました。どっこにも再燃の兆候はありませんでした!まずは、一番再燃の危険性が高い1年目をクリアしたわけです、うっうっ、みなさん、ありがとうっ!!

5年無病生存まであと4年、mixiの悪性リンパ腫のコミュを見ると、20代、30代でこの病気の治療真っ最中の人が沢山います。私が長生きすることは、私や家族だけでなく、同じ病気で辛い目に会っている沢山の人やこの病気と闘っている沢山の専門医や薬剤師、ナースなどの医療関係者にとっても、とても意義のあることだと最近ますます感じています。

闘病記のどれを見ても、私のようにお気楽な経過をたどった人はあまりいないようです。初発のR-CHOPですでに打ちのめされてしまっている人、次のサルベージで抗ガン剤の副作用で苦しんでいる人、自家移植で青息吐息の人(そういえば私より少し早く移植室に入った「シルクのダンナ」も吐き気と下痢と粘膜異常でよれよれになっていましたっけ。今どうしておられるでしょうや?)、はたまた脳に転移して髄注をしつつ頑張っている方、自家移植を2回して今度3回目を予定されている方、自分がいかに幸運であったかも思い知りました。私の幸せは私自身の努力で手に入れた訳では全くありません。神様に、あなたは今回の幸運をどう生かすつもりなのか、と見守られているように感じます。

まだどう活かせるか分りませんが、たまたま手にしたに過ぎないこの幸せを無駄にしないようにしたいと思っています。

まだまだ暑いけれど、見上げればまだ地平近くに入道雲の名残があるものの、その上には秋空が高く高く広がっています。日に日に育っている田んぼの稲の上にはトンボが群れています。がんセンターでは紅、桃、白の百日紅の花が満開で、去年白血球が増えて庭園に出られた時のことを思い出します。
(百日紅って、いいなあ。庭のある家が持てたら百日紅を植えたいな)

涼しくなったら、スケッチブックを持って市内を回りたいと思っています。毎週通っている箱根の景色も木々も、さすが天下の観光地だけあってすばらしい。今度介護の仕事も始めれば、なんとか生活保護受けずに暮らして行けるかもしれません。前のような無駄の多い生活をせず、質素に、でも経済的にではなく余裕のある生活をしたいと思っています。



by kumikonikki | 2010-08-11 00:08 | ブログ | Comments(0)

今日はのんびり

c0260570_0104925.jpg

外に出る仕事は今日は休みなので、のんびり過ごす。軽バンのエンジン?から異音がするので、いつもの整備やさんに10時過ぎの予約をとり、出掛けようとしたら11時からの約束の生徒が間違えてやってきた。整備やさんはこの時間しか空いていないそうなので、問題をやらせておいてダッシュで行って来る。異音はエンジンではなくマフラーで、運転には差し支えないとのこと。でも、オイル交換をした方がいいそうなので週明けにでもやってもらうことにする。安くてもまめにオイル交換すれば、イマドキのエンジンは20万キロくらいは大丈夫なのだそうだ。でも、オイル交換をさぼってエンジンをダメにしてしまうとエンジンそのものを載せ換えるしかないので、高くつく由。みなさん、エンジンオイルきれいですか?

すぐ帰って数学の授業。やはり、誰もが間違える所が弱いみたいだ。9月の期末テストでは45点以上を取ってもらわねば!

相変わらず暑いものの、夕方になると日が傾くようになって日陰が多くなる。炎天下でさぼっていた草取りを少々、すると腕に激痛(?)が!大きな蚊が止まっていたのを力一杯叩き潰す。海外ならマラリアが心配になるような大物だった。

去年熟れすぎたゴーヤから採った種から、数株の苗ができたのでプランターに植えてある。水しかやっていないのにみるみる伸びて次々と実がなっている。ダンナはプランターに入れた土は俺が配合した良い土だからね、と鼻高々。元気なゴーヤはウチのフェンスだけでは物足りないらしく、蔓を伸ばして隣接するアパートの自転車置き場から我が家に向かって枝をのばしているピラカンサの枝に巻き付き始めた。このピラカンサは多分ヒヨドリ達が植えたやつだし、アパートの皆さんも別に困らないだろうから放っておく。よろしかったらゴーヤ、召し上がって下さい。

昨日はがんセンターはてんてこ舞いだった。相変わらず休みが多く、どこのチームも手不足でよその手伝いに行ける状態でなかった。私も仕事の前にトイレに行ったら、2人だけで(いつもは4人)必死で掃除しているチームに遭遇し、そのまま手伝う羽目になった。

その後の自分たちの分担もメンバー不足のまま突入!普段のローテーションなどかっ飛ばし、無言で掃除しまくりなんとか終了。「これ、オバツーさんがいたらこうは行かないね」と顔を見合わせてニヤリ。彼女は融通がきかないからどんなときでもいつものやり方しかできない。なにかいつもと違う事態に遭遇するとパニクるところが、自閉傾向があるのではないか、と疑う理由のひとつなのだ。

来週は歯医者、がんセンターでいつもの外来、免許更新、明か蔵でお盆の臨時出勤となかなか忙しくなりそう。がんセンターの掃除はますます混乱するだろう。お盆は休むつもりでいたが(明か蔵が忙しいので)、いくらかでも出勤しようかと思っている。いい子ぶる訳でなく、そのうち介護の仕事を始めるつもりなのでどのくらい体力が戻っているか試して見るつもり。休憩を入れて日に7時間ほど働けるのを目標にしている。まだ辛いようならそれなりに無理のない働き方をしたいと思っている。

退院の時考えていたのより、今のところ早いペースで復帰できている。このままいい調子で行くとうれしいな。PET-CTの結果が「異常なし」でありますように!



by kumikonikki | 2010-08-07 16:08 | ブログ | Comments(0)

悪性リンパ腫R-CHOP→CHASER→大量抗がん剤投与+自家移植→最初のベンダムスチン→二度目のベンダムスチンで今第5寛解中の病状および日々雑感です。
by kumikonikki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

お気に入りブログ

最新のコメント

お疲れ様でした。おもしろ..
by saheizi-inokori at 12:06
足の痛みにも由りますがツ..
by 群馬のnさん at 08:19
祝!!退院。 少し涼し..
by LUCY at 06:26
> 群馬のnさん 半分..
by kumikonikki at 17:54
> LUCYさん 時差..
by kumikonikki at 17:49
ゴメンね!私が娘を頼りに..
by 群馬のnさん at 07:56
台風!! そちらは大丈..
by LUCY at 06:52
> saheizi-in..
by kumikonikki at 15:40
> LUCYさん 私も..
by kumikonikki at 15:37
> saheizi-in..
by kumikonikki at 15:36

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

むすめにっき26
at 2019-09-13 23:45
むすめにっき25
at 2019-09-08 01:23
むすめにっき24
at 2019-09-07 22:51
むすめにっき23
at 2019-08-30 19:48
むすめにっき22
at 2019-08-30 19:08

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧