人気ブログランキング |

くみこにっき

<   2011年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧




マイブームはキャンディー

c0260570_9103627.jpg
やけに画像がでかい。なんで?

私の長所でもあり短所でもあるのが集中力である。つまり、凝り性なのだ。何かにはまると、しばらくはそればっかりになる。食べ物だって同じ、今はキャンディーにはまっている。

これまではマカデミアナッツチョコレートにはまっていた。元々、脂っこいものが好きだ。子供の頃なんて、焼き肉の脂身を家族からわけてもらって喜んで食べていた(家族も喜んでいた)。バター、ナッツ類、「森のバター」と呼ばれるアボカド、etc.高カロリーのものばかりである。

子供の頃あんなに痩せていたのは、偏食、小食、腎性糖尿のためだったのかもしれない。しかし、今はそれらすべて改善され、食べたものはちゃんと身に付くようになった。

今ダイエットしているのはそのためである。前屈みになると、ちょうど小さめのカフェエプロンくらいの脂肪が同じ位置に垂れ下がる(おー、やだやだ)

そう言えばこの間まで食後に甘いものを食べてばかりいた。そのころのマイブームであるマカデミアナッツチョコレートは、今日スーパーで調べたら1粒44kcalだった。チョコもナッツもどちらも高カロリーだから宜なるかな。

そこで、あっという間に4、5粒食べてしまうチョコのかわりに口の中でしばらく楽しめるキャンディに変えたわけである。これは、元々低血糖を起こした時の応急処置用に持ち歩いていたものだが、結構おいしい。

昔、お隣の花子さんと一緒に作ったミルクキャラメルの味であるが、キャラメルと違って歯にくっつかない。

桜餅だの、お団子だの、さらにチョコレートなんぞの甘いものを、それも力一杯食べた後に食べたのだから、これで太らなかったら犯罪である。

ひと月以上この悪しき習慣を続けたのだから、元に戻すには2ヶ月以上かかって当然だろう。と、思って気長に取り組もう…と、言ってもいられないか?なにせ手持ちのジーンズが皆穿けなくなってしまったのだから。

今日、箱根で片付けしながら(今日も完売で早めに店じまい)今度土曜日にヘルパーの仕事を増やす話などしていたら、「うちで土曜日にも働きませんか?」とオーナー氏から提案された。

『だって、土曜日のパートさんがおられるでしょう?』
「あの人は別の仕事も持っているし、元々来れたら来るって話だったんです。こちらとしても当てになる方が有り難いし、介護の仕事が不定期なら土日こちらに来ませんか?」

忙しい時はかなり忙しい仕事だけれど、ヘルパーの仕事と大きく違うのは気を使わずに済む事だ。オーナーさんも厨房さんも良い方で、しかも男性だからさっぱりしていてここでの仕事は快適である。なにより、これまでの仕事ぶりに満足して頂けていたのが嬉しかった。

今のヘルパーステーションだけでは仕事が少なすぎて時間も余っているので、来月始めに発病前に登録していた介護事業所(たまたま求人しているのがわかった)に面接に行くことになっていたけれど、場合に寄っては土曜日は箱根にしようかと思っている。やっぱ仕事はお金も大事だけれど、人間関係の方がもっと重要だからね。



by kumikonikki | 2011-02-27 18:02 | ブログ | Comments(0)

57.5

c0260570_9103519.jpg
単位はkg、ただ今の体重である。発病前は60kgオーバーだったのだから、重さ的にはまあまあか?

しかし、入院中は54kgくらいだったから、その辺りを目標にしたい。重さよりもサイズである。去年、403マダムを始めとする葬儀に出席するべく、1着しか無い喪服を着たら、ベルトが廻らなくなっていたのみならず背中のファスナーが自力で上がらなくなっていた(泣)

いつ作ったか記憶に無いほど古い喪服(なんせ肩パッドが入っている)だから、おそらく体重50kg以下の頃のものであろう。

歳をとって、これから着る機会も増すだろうと思われるから中年向きのを一着新調すべきなのだろうが、今のところそんな余裕は無い。今のところ、黒のセーターにパンツ、肩パッドをはずした喪服の上着でごまかしているが、そろそろ潮時かもしれない。

が、次は自分が送られるかもしれないジャーン、なんて楽観(?)して、新調せずになんとかワンピースが着られるくらいに痩せようという魂胆である。

万歩計をバリ島でラフティング中に河で水に浸けてしまって壊してしまい、新しいのが欲しかったのだが、なんと新しい携帯に万歩計が内蔵されているではないか?!

で、本日は約5000歩。仕事が休みの土曜日は一日家でゴロゴロしていたら、記録を見たら180歩しかなかった。農園で目の敵にしている夜盗虫レベルだ、こりゃ。

アフリカでは子供達が飢えているし、いや、我が国日本でも39歳の男性が仕事も無く縁者も無くたった1人で電気も止められた暗いアパートで飢え死にしているのに、食い過ぎで太り過ぎなんてバチ当たりとしか言いようが無い。

朝食のバターロール2個と砂糖抜きミルクコーヒー、アボカドに生ハムは目をつぶるとして、夕食はお代わり無し、デザート無しにする。腹が減ったら玄米ご飯だけなら食べて良し。手っ取り早く血糖値をあげるなら(入院中IKドクターに「腹が減るのは血糖値が低いから」と言われたので)22kカロリーのキャンディー1粒だけ許可する。

これでしばらく様子を見るとしよう。



by kumikonikki | 2011-02-24 23:02 | ブログ | Comments(0)

アリス?

c0260570_9103512.jpg
この間急に痩せたと思ったら、こんどはいきなり太ってしまった。

体重が減るとまたリンパ腫再々燃ではないかと怯え、つい制限無しに食べてしまうと今度は(もちろん)太ってくる。

ヤバいヤバいとダイエットすると低血糖で倒れそうになる。

血糖値コントロールの薬を減らしたり増やしたり、食事を抑えたり甘い物を慌てて食べたりして体重と血糖値をベストに保ちたいのだが、なかなか難しい。

「不思議の国のアリス」がちょうどいい大きさになるまでいろんな物を飲んだり食べたりしたのとちょっと似ている。私の場合、身体の大きさではなくウエストおよび尻回りのサイズだけだが。

仕事でジーンズ禁止なので、ウエストゴムのリラックスパンツやストレッチのものばかり穿いていたら、お気に入りのGパンのファスナーが上がらないではないか!!

とりあえずこのGパンが穿けるようになるまでダイエットしよう。

てなわけで昨日から玄米食です…



by kumikonikki | 2011-02-23 15:02 | ブログ | Comments(0)

定期検診クリア〜

c0260570_9103565.jpg
前回は1月11日、今回は2月22日とぞろ目が続いた定期検診である。今回も異常なし!

次は3月かと思いきや、4月だそうだ。あれ?月イチじゃないの?

「もう6週ごとでいいです」わ〜い!!
再燃の時に血液検査に異常がなく、昨年は今頃CTを撮ったので、『そろそろ撮った方がいいんじゃないですか?こっそり再々燃してはいないか心配なんですけど…』

オグオグさん、「8月にPET-CTやるので十分だと思いますけど」『でも、前回も腫瘍マーカーは正常値だったんですよ?』「それじゃ、4月の結果を見て決めましょう」はーい。

もうひとりの403マダムは先生の担当ではないのですか、と聞くとチャラッと画面を操作して「IK先生ですね。2月10日に見えてますよ」じゃ、元気なんだ。良かった良かった。『前は同じ日に外来で会えたのですけど、ずれてしまってお会いできなくなったので心配していました、良かった。』

今は移植室フル回転だそうだ。私の時はひとりぼっちだったのだけれど、オグオグさんが来てIKドクターは待ってましたとばかりに移植治療を進めているのだろう。

天気がいいので久々に庭園を歩こうかと思ったが、見下ろしてみるとまだ芝も枯れて花も咲いていなかったので止めにした。

診察を待つ間に、掃除で世話になっていた会社の事務所に借金を返しに行った。インフルエンザの予防接種の個人負担金があったのだが、私が止めてから請求が来たそうで、責任者ISMRさんが立て替えていてくれたのだ。

懐かしいけど懐かしくない事務所に行ったら、なんとあれはオバツーさんではないか。声をかけてもキョトンとしている。私服だからね、といっても仕事をしているときに散々私服姿も見ている筈だのに。

ブーツを脱ぐのが面倒なので、封筒に入れたお金を渡そうとしたらちょうどISMRさんがドアから顔を出した。「今日は診察?これから?」なんて話して、これでエクレ(株)とも縁が切れました。

まだ掃除の仕事をしていた頃工事中だったのが、ようやく完成したそうで、3月からあちこち場所が変わるそうだ。

患者数がどんどん増えてきたので、通院治療室が3階に移転し、採血室がその分広くなるそうな。4月の検診の時はだいぶ勝手が違っているだろう。そのころは庭園もきれいになっているだろうから、ティールームでも寄って散歩してみようかな。



by kumikonikki | 2011-02-22 13:02 | ブログ | Comments(0)

新しい携帯で画像

c0260570_9103478.jpg

ようやく携帯を新しくしました。とはいえ、一緒に入院してとてもとても役に立った古い携帯を見捨てるなんて事は出来ず、アラームとして家で老後を過ごさせています。

で、新しい携帯で画像を入れてみました。今度は横長に入れる事ができまーす。

まだ使いこなしていないので、これからもっと良くなるだろう、と思いたい。

今日の仕事4件のうち、一つはお散歩(歩行訓練)の付き添い。手押し車を押してヨチヨチ歩くおばーちゃん、手押しのシニアカーが軽すぎて(でもお孫さんのプレゼントなのでこれを使わなければならない)転びそうになるので、中腰で手押し車を抑えながら歩く。

歩きながらおばあちゃんの愚痴を聞く。向こうも私にあわせているのだろうが、こちらもおばあちゃんが聞きたいだろう相づちを打つわけ。でも、いつも同じ話題だからこちらも同じ対応をすれば良い。息子さん(といってももちろんオヤジ)と2人きりだから、ストレスも溜まるだろうな。足取りと同じく気持ちも軽くなってほしいと思っている。



by kumikonikki | 2011-02-21 22:02 | ブログ | Comments(0)

確定申告の春が来た

収入が少ない上に医療費がごっそりかかっているので、還付目指してがんばろう!とはいえ、まだ領収書の整理が出来ていない…

今日は晴れるという予報だったのに、どんより曇っている。ずっと雨が降らなくて乾いていたのが、急に降り始めて、雨の度に暖かくなるのがわかる。今朝は火鉢もお休み。パンの発酵も気温が上がるとペースがかわってくる。もう少ししたら花粉症も終わるだろう。

久々にIKドクターの夢を見た。小学生らしい、器量のいい、ムチャクチャ頭が切れそうなお嬢さんを連れていた(実際は幼稚園くらいの息子さんたちがおられるようだが)。

入院してた頃の「にっき」を読み返して、そろそろ1年半経つからCT撮ってもらおうか、なんて考えていたからかな。

もう随分経ったような気もするし、ついこの間のような気もする。去年の今頃はお葬式が続いたっけ。もうじき403マダムの命日である。あの、まあるい人の好さそうな笑顔と入院生活は切り離せない。

体力も随分付いてきて、続けて仕事をしても平気になってきた。ヘルパーの仕事は大変でしょ、と皆が心配してくれるけど、私はそう大変だとは思わない。まえのがんセンターの掃除の方が大変だった。

ヘルパーの仕事も楽ではないが、今のところ利用者さん達との関係がうまく行っているし、事業所に行く事も少ないので人間関係によるストレスが少ないのが何よりである。

日曜日に箱根でウエイトレスしているのも、ちょうどいい気分転換になっている事に先日のお休みで気がついた。毎日のリズムに乗ってしまえば、ずっと家にいるよりむしろ楽である。

マーチがこの数日お腹を壊して、明け方にトイレに外へ連れ出すために少々リズムが狂ってしまったが、来週までには元に戻るだろう。

テレビのニュースで、目黒の老夫婦殺害の犯人の家が映り、3階建ての立派な家だったのに家賃がうちのボロ借家(大家さん、ごめん。だって床はふがふがしてるし壁は汚いし、風呂はあの状態だもの)より安かったのがショックだった。

ここは東海地方で交通の便もいいから地価が高いのはわかるけど…

仕事をするのは全然苦にならないけど、家賃分だけなんとかならないかといつも思う。この話題になると、ダンナが「オレが年金貰えさえすれば…」と申し訳なさそうな顔をするから困るのだが、悪いのは彼ではなくこの国である。

しかも、私たちは入籍していない(私が懲りてるので)から、控除も何も無い。でも、いのちゃんは負けないぞっ!



by kumikonikki | 2011-02-18 12:02 | ブログ | Comments(0)

私の最強のパートナーは私

今朝からリズムを崩してしまって眠れないので、更新する事にしました。

今朝早くマーチに起こされて、そのまま起きてしまえば良かったのにまだ1時間以上あると二度寝したのが間違いだった。

仕事が夕方なのを幸い、昼までウトウトしてしまった。で、起きようとしたら頭が痛い、吐き気も少し。熱が無いのに、なんだか調子が悪い。

出勤2時間前まで待って治らなかったら交代してもらうよう電話かけよう、と決めて、とりあえず薬を飲もう、そのためにはいくらかでもお腹に入れなければと煮込みうどんを作って少し食べ、いつもの糖尿の薬、花粉症の薬に加えて頭痛薬を飲む。

学校に行っている頃から私は「吐き気がすると何か食べれば治る」のだったが、今日も治ってしまった。

念のため薬とユンケルを持って(万一の場合のビニール袋も)仕事に行ったのだが、順調に済ませて帰ってきた。

あー、お腹空いた!とご飯を炊いて、そうだ、そろそろ血糖値を調べようと思いついた。薬の量を変えてからもうしばらく経つから、かわっているかもしれない。

なんと空腹時血糖91。正常値では有るが、私には低すぎ。もしかしたら、昼間の不調は低血糖による物だったかもしれない。いつも起きる時間に起きず、いつもの朝食も食べずに寝ていたから、寝ている間に低血糖を起こしていたのかも。

こうしてみると、昔から『食べれば治る』のも食べて血糖値が上がるから治っていたのかもしれない!遺伝性とはいえ腎性糖尿だから心配無い、と言われてきたけど、その診断が付いたのはだいぶ成長してからの事。

今思えば異様に痩せていたし、多少は影響していたのかもしれない。ま、過ぎた事だけど。

今年に入って、いつからか忘れたけど、毎晩寝る前に10分ヨーガをやっている。その時に、「今日も元気で過ごせた事」を感謝し、「明日もいい日でありますように」と願うのだが、もうひとつ自分の身体に感謝を捧げるようになった。

大病をしてから、毎日どこかにリンパ腫が出来てはいないか、貧血を起こしてはいないか、喉が痛くはないかとハラハラしながらチェックをしている。そのうちに、入院中はひどい副作用も免れたし、予定通り幹細胞は生着したし、心配した骨髄異形成もスルーして、こうして元気にしていられるのも、みんな私の身体のお陰だと思えてきた。

私の心臓、私の胃、私の内臓すべてがタフなお陰でこうして生きている。私とは肉体であるハードと思考や感情のソフトのバランスで成り立っているように実感するのだ。

入院以来、私は私のハードウェアをとても信頼している。身体の事は任せておいて大丈夫、と安心していられる。ソフトである私は身体が正常に機能するように食事に気を付けたり、毎日のリズムを大事にすることだ。あちこちが痛かったり、なにかもたれるような感じがあると食事を軽くしたり、休みを多くとったりしている。いつもご苦労様、私の身体。

そうして見ると、目も耳も喉にも感謝したくなる。トイレで順調に排泄ができるのもそれぞれの部署が律儀に働いてくれているからに他ならない。なんか、ガンダムに乗ったアムロのような気分である。

さて、10分ヨーガの効用であるが、ついでに開脚前屈も加えるようにした。開脚と言ってもやっと90度だったのが次第に開けるようになり、ただ気持ちお辞儀をする程度だったのがなんと頭が床に着くようになってきてびっくりした。なんでも毎日やればそれなりの結果が出る物なのだ、と当たり前の事に改めて感動した。  

右足の付け根の動きが悪い、とか五十肩だった右の関節が動くようになってきた、とか自分のマシン(?)の調子に耳を傾ける。大事に使って、ソフトと同じペースで時間を消化して行きたいと思っている。頼むぞ、私。



by kumikonikki | 2011-02-16 01:02 | ブログ | Comments(0)

久しぶりに箱根へ

先週はお休みだったので、2週間ぶりに箱根でウェイトレスやってきました。雪は止んでいいお天気ではあったけど、山陰になるところは路面が凍っているのでノーマルでしかもパワーの無い軽バンの私はおっかなびっくり運転しました。群馬にいた時はあんな雪の中でも平気だったのにねー。

店の中は半袖でちょうどいい温度になっているので、寒い中から入ってきたお客さんは食事が終わってもなかなか腰を上げて下さらない。外で順番待ちしているお客様の事が気になるので、「お済みのお膳下げさせて頂いてよろしいですか?」とプレッシャーをかけるのだけれど、携帯などいじっていて一向に席を立って下さらない。

ま、それでもこの季節としてはまあまあの入りだったようで、ご飯が終わってしまってオーダーストップ。最後のお客様はゆっくりなすっても、そこはもう、お構いなしでこちらは食器洗いに専念する。

その最後のお客様がレジにいらして、「ありがとうございました!」とお送りした後、オーナーさんが「今のお客様、すごい高い時計してましたよ、気がつきました?」『いえ、全然!』「ヴァンクリフの、多分300万は下らないですよ、あれは。」

そう言えばオーナー氏はかつてコンサルタント会社でブランド品の店の立ち上げなどに関わっていたんだっけ。

「なんちゃってヴァンクリフじゃないの?」と厨房氏。
「いや、あれは本物っぽかった」とオーナー氏。「前にね、『女房があまり高い時計をするんじゃない、って言うもんだから』と200万の時計を買って行った人がいましたよ。一体、今まではいくらの時計をしていたんだか!ああいう金持ちってなんでああ現金を平気で持ち歩くのか理解できない」

「200万現金で支払うんですか?!」と私。

「そう。」
「そういう金持ちって、財布から違うんだろうなー。二つ折りなんかじゃなくてさ」と厨房氏。
「そうだよ、袋とか、場合によっちゃダンボールなんかに入れてさー」
「別の世界だよね〜」

夜の番組で、石油で巨額の財を築いたドバイの人たちの暮らしぶりを紹介していたけれど、つい平凡に「そんなお金があるなら、水や食料が無くて死んで行く子供達をなんとかできないもんか」と思ってしまうけれど。

きっと、なんでも馴れてしまって、私がユニクロでシャツを買うような感じで宝石なんぞを新調しているのかもしれない。飢えて死んで行く子供を抱いた母親は、『今寒さに震えているわけではないのだから、ユニクロのシャツを買うお金でこの子にミルクを買ってくれ』と思うだろう。規模は全然違うけれど、ドバイの億万長者も私もその心根は同じかもしれない。

馴れと言えば、ヘルパーの仕事も慣れてきて、オムツ交換も手早く正確にできるようになってきた。馴れないのは現場ではなく事務所での報告書記入とか、先輩達とのおつきあいの方である。

私が生意気な態度をとっているせいか、どの職場でもなんかいじめられている気がする。どこでもイヤな奴がいるものだし、新人がいじられるのも当たり前だから、もうしばらくの辛抱だと平気な顔をしている。

給料なんて、結局「辛抱し賃」「イヤな思いを我慢し賃」だからね。
でも、箱根の仕事はオーナー氏、厨房氏共々良い方で、どこでもこんな風に仕事できたらいいのに、と思う。

明日もヘルパー頑張ります。



by kumikonikki | 2011-02-13 23:02 | ブログ | Comments(0)

給食が食べられなかった私

脱脂粉乳と固いコッペパン世代であります。

あのころ、給食が食べられなくて本当に辛かった。昼休みになっても1人教室に残って、めそめそしながらつついていた。

とうとう5時限目が始まり、気持ち悪くなってしまって泣き出した私の周りを同級生が取り囲み、ようやく許された事を思い出す。

偏食気味ではあったと思う、ガリガリに痩せていたから。(そう言えば娘もそうだった)豚肉の脂身とかバターは大好きだったのにねー

今はこの通り、何でも食べ(過ぎ)、お定まりの中年体型である。

当時痩せて小柄だったし、体育の成績はひどかったけれど、病気がちと言うほどでもなかったし、お転婆で気が強くて世話焼きで、学級委員や転校生の面倒などおせっかい丸出しのませた小学生でした。へへへ〜イヤな奴だったよな、今思うと。

で、思うのはあんなに無理強いして給食を食べさせる必要があったのだろうか、と。6年生の受け持ちの奥村先生はいい先生で、大好きだったけれど、給食のお皿をパンで綺麗に拭いてからでないと返させなかったのがイヤだった。

私は今でも酢の物が苦手で、ドレッシングやマヨネーズは少ししか使わない。なますも食べたいとは思わない。のに、「本体」を食べた後のお酢やソースもパンに吸わせて食べなければいけないのである。

そうやってきれいに拭われた食器はピカピカで、給食のおばさん達には6年1組はとても好評だったそうだ。

しかしトラウマとなったのか、いまだに酢の物の器の底に溜まったお酢をみると喉の奥に酸っぱいものがこみ上げてくる。

ウチのダンナは子供の頃、松葉杖で歩けるようにと毎日辛い歩行訓練をさせられたそうだ(彼は重度の麻痺がある)。

両手足が麻痺しているのだから、立っていること自体が容易ではない。松葉杖だから、転びまくる。頭を打っては、数日、数週間、数ヶ月ベッドに寝たきりになる。治ればまた歩行訓練。

こんな教育を受けてもちゃんと大人になれました、が、私は酢の物が食べたくないし彼は今でも歩けない。

教育はたとえよかれと思ってしても、必ずしも期待した結果が出るわけではない。実験台にされた子供こそいい迷惑だが、それが子供の宿命かもしれない。

今日、ネットの記事を読んでいたら「給食を食べられないうちの子が」私と同じ目にあって「連帯責任で同級生に嫌われて」悩んでいる、という母親の相談を読んだからである。

最近の親による虐待や学校での問題を見聞きすると、大人以上に子供も辛い世情のようである。めげずに育てよ〜



by kumikonikki | 2011-02-11 12:02 | ブログ | Comments(0)

パンを焼いています

昨夜からの雨がようやく上がって、雨が降るということは気温も高めだと言うわけだが、日が差してきてさらに暖かくなってきた。

この陽気に気を良くしてか、大きな蝿がどこからか現れた。殺虫スプレーを持ち出して見上げると、もう姿が見えない。スプレーとか蝿たたきとかを手に持つと不思議と蝿の姿が見えなくなる。彼らにはおのれを殺傷する道具を手にしているのが分るとしか思えない。

逆にこちらが丸腰の時の奴らの傍若無人さは腹立たしいばかりである。蝿たたきを片手に、殺さずにおくものかと探しまわり、首尾よく手加減無しに打ち殺した時はふん、ざまあみろと肩をそびやかす、たかが蝿なのに。

周りが壁でない部屋でスプレー攻撃を一旦かわした蝿の素早さは敵ながらあっぱれである。ブーン、ブンッ、と羽音だけ響くが本体は目にも留まらない。人形のように首を振りながら見失うまいとするのだが、背景にとけこんでしまってもう見えない。

そんな時は焦らずにガラス戸の方を向いて、スプレーを構えたまましばし待つ。賢しいようでも相手は虫であるから、闇雲に飛び回っていても狭い部屋の中、必ず同じ所をに戻ってくる。

明るいガラス戸を横切る瞬間、スプレー攻撃。但し、深追いはせず、次のチャンスを動かずに待つ。それっ、3度目のスプレーをくらえ!

そうこうしているうちに羽音の回転数が低くなり、ジジジ、ジジジと息も絶え絶えになってくる。もはや勝利は確定である。

裏返ってもがいている奴に情けは無用である。以前、もうこれでよかろうと放置しておいたらいい空気を吸っているうちによみがえってしまって再び煩わされた事がある。とどめを刺すなり、寒い外へ放り出して雀や蟻の餌食にさせるなりして、部屋の平和が戻ってくるのだ。

しょうもない事を書いているのは、パンを焼いているからである。最近はもっぱら家でパンを焼いている。なんでも繰り返しやっていれば上手くなるもので、ふっくらとおいしいパンが作れるようになるとスーパーのパンなんぞ食べられたモノではない。

欠点はタイミングを逃さないために、出掛けられない事である。前に、もうあとはこの温度でこの時間焼くだけだと出掛けてしまったら、ビミョーに焼きすぎてしまった。60分発酵を待つ間買い物に行ったら、もう発酵しすぎて固いパンになってしまった。

だから、20分くらいで様子を見つつ、他の用事を片付けて行く。これといってやる気がでない時はブログなどいじってみる。

で、これを書いていたら仕上げに卵黄を塗るのを忘れてなんか素朴な感じのバターロールになってしまった。

これも蝿のたたりかもしれない。恐るべし、蝿ども。



by kumikonikki | 2011-02-09 14:02 | ブログ | Comments(0)

悪性リンパ腫R-CHOP→CHASER→大量抗がん剤投与+自家移植→最初のベンダムスチン→二度目のベンダムスチンで今第5寛解中の病状および日々雑感です。
by kumikonikki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

お気に入りブログ

最新のコメント

お疲れ様でした。おもしろ..
by saheizi-inokori at 12:06
足の痛みにも由りますがツ..
by 群馬のnさん at 08:19
祝!!退院。 少し涼し..
by LUCY at 06:26
> 群馬のnさん 半分..
by kumikonikki at 17:54
> LUCYさん 時差..
by kumikonikki at 17:49
ゴメンね!私が娘を頼りに..
by 群馬のnさん at 07:56
台風!! そちらは大丈..
by LUCY at 06:52
> saheizi-in..
by kumikonikki at 15:40
> LUCYさん 私も..
by kumikonikki at 15:37
> saheizi-in..
by kumikonikki at 15:36

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

むすめにっき26
at 2019-09-13 23:45
むすめにっき25
at 2019-09-08 01:23
むすめにっき24
at 2019-09-07 22:51
むすめにっき23
at 2019-08-30 19:48
むすめにっき22
at 2019-08-30 19:08

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧