人気ブログランキング |

くみこにっき

<   2017年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧




3日間の嵐

私は4世帯のお年寄りサポートをしている。自立度の違いでサポートのレベルも違っているが。
そのうちの1軒からSOSの電話が夜かかってきた。
高熱で、奥様がガタガタ震えて、吐いていると。
すぐ行くと、意識はあるものの放っておけない状態だった。
救急車を要請し、すぐに来てくれたのだけれど、受け入れ先が決まらない。
前に別のお年寄りが多分熱中症で意識混濁状態になり、救急車を呼んだ時もそうだった。
救急車はすぐに来てくれる、でも出発しないのだ、受け入れ先を探すのに手間取って。
ようやく応急手当はするけど、入院はベッドがないからダメ、という条件で車は動き出す。
熱は40.7度あった。
診断は腎盂炎。病院で約束通り入院受け入れ先を探すことになる。
夜中の12時過ぎなのに、救急患者は列をなしている。
うーうー唸って車いすの上で身をよじっているお婆さんもいた。
ようやく入院受け入れ先が決まって、手続きをすませ、家に帰ったら3時。
一緒に救急車に乗ってくれた親戚の方も、慣れない夜更かしで疲れたことだろう。
お連れ合いさんは私たちの帰りの足になるべく、寒い病院の駐車場で2時間近く待っていて下さった。
嵐の3日間の始まりでありました。

そして明日、もしかすると退院できるかもしれない。
退院した後も、老夫婦でやっていけるか大いに心配であるが、
ケアマネさんと相談してなんとか体制を整えるしかないだろう。
子どものいない、介護もしていない、健康な私より若い娘夫婦がいるのにね。
あってみたら、学歴は立派だが役に立たない方でびっくりした。
「あの子は頼りにならないから」と私を頼ってくるわけだ、でも不満である。
別のお年寄りも、汚れ仕事は頼りになる私に、遺産はもちろん身内に行くのは、遺言書も見ているし、法律関係の助言もしているので知っている。
遺産を分けてほしいとは思わないが、そんなに身内がかわいいかとそこが不満だ。
やらせろよ、あの人たちに。
私がしっかりしてるのは、否応なしにそうなってしまっただけで、
あの人たちだって立派な社会人なんだから、やらなきゃならないときはオタオタしながらでもやるしかないでしょう。
きれいなタオルを汚したくないから使われる、雑巾になったような気がする。

今日は愚痴です。





by kumikonikki | 2017-01-29 23:49 | Comments(4)

お留守の日を作ります。または幽霊になる日。

主婦にとって、家はくつろぐ場所であると同時に職場でもあります。
うちでのんびりしたい、前からやりたかったことをやりたい、と思っても職場にいる以上クライアント(?)から電話はかかってくるわ、目の前に処理すべき仕事が溜まっていくわで完全には休めない。
会社勤めのアナタ、「疲れたらオフィスの椅子を並べて寝ればいいだろう?」と上司に言われて反発せずにいられますか、ってーの(怒)!

でも、どこかに行きたいわけじゃないの。うちにいたいの。だから、幽霊になることにした。
姿は見えるけど、なにもしない。私は幽霊ざんす。悪さはしないけど、当てにもならない。

考えたら、頼まれもしないのにやっていることがずいぶん多い。
お母さんはいつもそうです。頼まれてやっていないけど、先回りしてあれもこれもやっている。
不満ではないんだけど、喜んでやっているんだけど、月に1度くらい、自分のために100%時間を使いたい。
もう定年を越えたので、仕事も定期的に休ませてもらう。
そして、だんだんに若い人に任せて、自分はボランティアに専念したい。

もう、お金を貰う仕事の責任から逃れたい。

もう、いつお迎えが来るかわからないんだから、好きなことを先延ばしにするのは止めよう。

てなわけで、今日はその1日目。勝手に決めたんで、とーちゃんは目を白黒『何か、怒ってる?』いや、そーじゃないんだよ。説明が足りなかったね、ごめんよ。

でもきっとこんな風に、なんの説明も断りもなく人は倒れたり、死んだりしていくんだから
幽霊になっても、明日は人間界に戻ってくるんだからいいじゃないか。

しかし幽霊のせいか(笑)体力が無くて、何をしても続かない。
ベッドの位置を変え、掃除をして一息。
散歩に行って、3000歩歩いてまた一息。
絵を描きかけて、また一息。
これから版画をやって、しばらくしたらまた休憩予定。
でも、いつもだったらもう仕事に出ている時間なので、すげーうれしい。




by kumikonikki | 2017-01-23 14:28 | Comments(0)

朝の散歩はよかったけど、そのあとがイマイチ

HbA1cが7.7になってしまった。血糖値はもっと悪く、350。
腹6分目、しっかり歩く、甘いモノ止める。どーせ続かないだろうけど、その時はメニューを変えればいいさ。
とりあえず、歩こう。
ポケットに万歩計代わりのスマホを入れて、朝食前に歩き始めた。
なるべく知らない道へ入り込む。
階段があったら上る。
同じ道を戻らず、一筆書きを心がける。
このルールで歩き始めた。
家を出て、近くの神社へ上り、やしろを回って後ろの階段からおりる。
道路沿いに東に進んで、歩道橋を渡り、子ども園の駐車場を抜けて道を下ったら三信の前だった。
左を見たらさっきの歩道橋が見えたのでそっちに向かい、通路にかぶさって伸びている何かの枝を2本折って持ち帰る。初めて上った歩道橋からの眺めがよかった。子ども園の中に学童保育や療育施設もあるとは知らなかった。こんなに広い駐車場があることも初めて知った。みちこじゃないが、「いのも歩けば棒に当たる」だね。(あの、娘のブログが消えたのはつくづく惜しい!名作だったのに!)
風が強かったけど、寒くはなかった。家を出るときには、上着着なくて大丈夫かな?とちょっと心配だったけど、冷たい北風でなく、春の気配の風だったから汗ばむほどだった。
スマホのカウンターを見たら2000歩強。おや、けっこう稼いだね、と嬉しくなった。せめてノルマ3000歩としたいもんだと思ってたから、あと1000歩なら楽勝じゃん?!
ところが、そのあと家から出ずにゴロゴロしていて、一歩も増えなかった。家の中ではスマホ持ち歩かんし、家の中を歩いたのなんか、運動量大したことないし。
結局スタートだけが良かった日曜日でありました。無念。




by kumikonikki | 2017-01-22 23:44 | Comments(0)

わーいわーいの土曜日だー

まずは昨日の(おっと、日付変更線を越えたから、一昨日というべきか?)がんセンター定期受診の結果から。
相変わらず、腫瘍マーカー他のリンパ腫関連の数値は異常なし。(めでたしめでたし)
糖尿病関連はやばし。HbA1cは7.7に上昇(前回は7.1)、血糖値は350!!出かける前にお汁粉なんて食べるんじゃなかった。
次はまた3ヶ月後。これからはkwsk内科に毎月HbA1c測りに行かなくては。とりあえず、運動不足をなんとかせねば。甘いものも、最近数値がいいことに甘えてまた食べ始めてしまっていた。食べずにいれば、欲しくならないのだから自重すればよいだけのこと。
そして今日(実際は昨日、しつこいけど)はアートビレッジの実行委員会。つい喋りすぎてしまって深く反省。ダメじゃん、自分。調子に乗るなよ!バカ!!
自分にとっては早朝から洗濯物干したり、お茶を用意したりで11時頃にはもう集中力が落ちてしまった。
予定では、旦那を残していったん帰宅して休むつもりだったのだが、成り行きでベーグル買いに行って、帰宅せずビレッジに戻ったのが失敗だった。
義理で出席した「畑温泉の歴史」の話が面白くなく(素人の話はこれだからあまり好かない)、いつものように聞きながら目をあいて眠る、という学生時代に取得した技で乗り切ろうとしたが、つい首の力が抜けてしまって後ろにがっくりのけぞりかけてしまい、観念して会場を抜け出した。
小学生のころから話が長くて嫌がられた(私も素人なので話は下手、スピーチは苦手)だけあって、ここでようやく本題に入る。
明日から4日連休だよ~~!わーいわーい!!うっれしいなー!
厳密に言うと、1回仕事が入っているけど、夕方だからいいのー、一番大事な午後がお休みなのがうれしいのー、版画も刷るぞー、絵も描くぞー、ロケットストーブ作るぞー、DVDも観ちゃうぞー!!
これから、毎月仕事の休みをとって、少なくとも2日は誰にも(旦那にさえ)邪魔されない日にするぞー、おー!!
下手すると、これまでのように初日は寝てだらだら過ごして終わる、なんてことのないようにしよう。
誘われたらほいほい出かける癖もやめよう。もう新しい友人は欲しくない。付き合いきれん、と言いながらすぐ立ち上がる自分をなんとかしよう。これも道楽だから仕方ないといえば仕方がないが、心しよう。
みんな、仕事も友達との付き合いもちゃんとこなしてすごいと思うけれど、できる人とは違うんだからしょうがない。
私の分際で同じようにできるわけがない。
「一升枡に一升五合は入らない」のだ。
驢馬はサラブレッドのように速くは走れない。でも驢馬にはロバのできることがある。
わかっているけど、止められないんだけど、止めようと努力しよう。





by kumikonikki | 2017-01-22 01:06 | Comments(0)

水鳥が飛び立つには水面を走らなくてはならない

図書館でまた絵の本を借りてきた。
色鉛筆のスーパーリアリティのえを描くノウハウ本。
(私はスーパーリアリティは、練習には良いけれど芸術としてどうなの?と思っている。所詮写真にはかなわないじゃないの?)
色々なテクニックを見ているうちに、涙がわいてきた。絵の具をいじりたくなったのだ。
かつて、「表現は排泄行為だ、止めようと思ってもせずにはいられない」などとうそぶいていたのだが、
だから描きたいのに描ない、なんてのは嘘だと思っていたのだが、
やはり描くには時間と環境が必要だと思う。
思い立ったらすぐできる場合もあるだろうけど
多くの場合、構想を練っていざ画材に向かうまでに長い助走が必要なのである。
いかにもさらさらと描いているように見えるマンガだって、ペン入れまでどんなに大変か沢山の漫画家が書いているではないか。
ましてや、ド素人の自分である。で移すだけのこと。
だから、たとえ2時間あっても描き始るまでに至らない。
ましてや15分あったから言って、「デッサンだけでも」というわけにはいかないのだ。
思うに、芸術活動は一種異次元へトリップするようなもので
「今、この場で、すぐ」移動できれば苦労しない。
いつ、異次元への扉が開くか分からないから、扉の前で逡巡して、何度も叩いて試してみなければならない。
だから、せっかく入れた異次元の世界から呼び戻されてはろくな芸術は生まれない。
女性の芸術家(科学や数学などの学問も一種の芸術だと私は思うので)が少ないのはそのせいだと思うよ、ワタシ。
ノッているときに赤ん坊が泣いたり、夕飯はまだかなんて呼ばれたり、雨が降ってきたから洗濯物を入れなくては、なんて思ったりしたら
いきなり異次元から突き落とされて今度はいつ行かれるかわからない。
暇な時に少しずつやればいいレンガ積みでなく、やり始めたでら一気に仕上げなければならない漆喰塗(違ってたらごめんなさい)なのね。
だから、細切れ時間にできるパッチワークやフックドラグなんかができたのだろう。もちろん、資源の少なさが第一だろうけど。

ラクダはいい。(突然何を?!)
背中に重荷を負っていても、その重荷のおかげで砂漠を歩ける。そして、馬並みに速く駆けることもできる。
暇なときはのんびり餌を食んだりしてくつろいでいる(ように見える)。
首をいつも高くあげているせいか、そんなにつらそうに見えない(ロバや牛が働いているとなんか目を伏せて耐えているように見える)
座ることも、走ることもおもむろにやっている(ように見える)
ばちゃばちゃ水の上を必死で走ってようやく飛び立つ水鳥は、充分な水面がないと飛び立てないんだそうだ。
駱駝のようになりたいね。








by kumikonikki | 2017-01-16 10:16 | Comments(3)

「部屋をキレイにするには、定期的に客を呼べ」ってね

基本、家には他人を入れない主義。
「犬がいるから」→表向きの理由
「部屋がちょー汚いから」→実際の理由
「茶だしたりするのがめんどいから」→実際の裏の理由
結果として、部屋の中は汚れに汚れている。
毎年、火鉢を使っている。(今年は暖かなので珍しくまだ出していないが)すると、すごーく部屋が煤ける。
壁、障子、ふすまが茶色くなる。そして煤けた匂いがする。
人間も同様で、知人から「あんた、木酢液の匂いがする!」と言われる。
         「炭なんだけど~(パンパン)」『星のフラメンコ』の節で
火鉢にかけた鉄瓶からあがる湯気でふすまにシミができる。もちろん、犬たちも汚してくれる。

家の者たちは、馴染みになっていて気にならないが、外から来た人は「うへぇ~!」と辟易するだろう。
これまでは「犬たちが吠えて、話どころじゃないから」と部屋に上がらせず、場合によっては玄関にも入れずにこっちが外に出て対応していた。
ところが。
明日来るという旦那の若いころの友人(チョー久しぶりで、私はまだ写真でしか会ったことが無い)は
部屋に上げるというではないか?!(普通そうだろう)
ギャング時代の子どものいる家庭並みにズタズタのこの部屋にだ?!(他にないよね)
まだ2日ある!と私はふすまを貼り替えることにした。すでにふすま紙は購入済みである(ずっと前に気にして買っておいてはあった)

アイロンでできたよ~ん。やっぱ1枚目より2枚目の方が出来がいい!すばらしい!もっと早くやればよかった!!!

作業をするにあたってふすまを外し、寒いので同じ柄の押し入れのふすまを仮にはめておいたらこれも美しい。めんどくさいので、友達がお帰りになってから入れ替えることにした。(何のために張り替えたんだか)

しかし、きれいなふすまはやはりキレイで気持ちがいい。
次は障子だな。それより壁かな。この、ボロボロ落ちてくる繊維壁ってどうも好かない。
安い借家で、もう古いから自分でいじるならどこをどう直してもいいことになっているから、少しずつ改造しようかしらん。
やはり客が来るのは、良いきっかけになります。







by kumikonikki | 2017-01-13 00:06 | Comments(0)

一日半歩、いや三分の一歩

うちは散らかっている、すごく。
娘が「ここに来ると私んちがキレイに思えてくる」と喜ぶほど。
しょーがないじゃん、忙しいんだよ!と言いたいけど、
わが人生、かつて部屋が片付いていたことありしや?否!
3畳の下宿の時も、11LDK(元独身寮だった建物)の時も、ちゃーんと散らかしてましたとも。
たとえ体育館のようなだだっぴろいところに住んだとしても、しっかり散らかして見せる自信がある。(ダメだそんな自信)
しかし時々、散らかりぶりにうんざりする時が来る。
「何だこれは!もう耐えられん!不便極まりない!」「そうだ、片付けよう!」
でも自分の片付け能力がどんなものか知っているので、無謀な計画を立てたりはしない。
「まずこの部屋の、この棚の、この段だけ片付けよう」
さらに「一日でできなくてもよい、たとえ半分でも進めればよしとする」
散らかすスピードに追い付く片付け無し。

でも、「なんてダメなワタシ、もう、サイテー、大嫌い」なんて思っちゃうと落ち込んでもっと面倒なことになるから
「これで良しとする!」「手をつけただけ偉い!」と自らを慰める。
同様に、やらなきゃならないことがあっても全部できなくても許す。
道具をそこに持って行っただけでもよい。
車に載せてあるだけでもよい(期限切れの図書館の本とか、買ってこなければならない空の石油タンクとかね)。
洗濯物を干すのが遅くて、日のあるうちに乾かなくったっていい。明日には乾くさ。明日は雨?いつかは乾くよ。

小学生のころは「神経質すぎる」と言われた優等生のいけすかない学級委員長の、今の姿です。これでいいのだ。





by kumikonikki | 2017-01-10 01:35 | Comments(0)

私のハードは頑張っている

大晦日に指を包丁で切ってしまった。
ぬめる里芋を切ろうとして、ぬるっと逃げられて押さえていた親指にざっくり。包丁、よく研いであるから指に食い込む感じがリアルにあった。
「あっ、切っちゃった!」と思ったとたんに血がぽたぽた。押さえていても、ぽたぽた。サージカルテープを出す間もぽたぽた。
化膿すると困るので、抗生剤入りの薬を塗ってテープを巻く。その間も、ぽたぽた。
お煮しめ作っている最中だし、調理や洗い物でぬらさずにいることは無理なので、左手だけ介護用ビニール手袋をして作業を続ける。

その後、度々薬とテープ貼り替えを繰り返し、ぬらさぬよう風呂にも指サックはめてしのいで、1週間。
見事に治った!
空気が乾燥しているので、傷口があかぎれのように割れてしまわないかと心配だったが、ちゃんとくっついた。
偉いなー、私の身体!素晴らしい回復力!
体力はないけれど、免疫力に自信が無いので気をつけて生活しているのは確かだけど、風邪も引かず、食あたりもせず、こんな傷にも負けずによく頑張っている、私のハードウェア。(ソフトの方はイマイチ)

正月とは言っても、今まで毎日仕事やボラで空いている日は無かった。
来週の木曜日は休もう。今年は自分の時間を作ろう。
旦那に「週1日だけ、仕事だと思ってデイサービスに行ってくれ」と頼んだ。もちろん、いつものように機嫌が悪くなって、なんでも自分でやろうとする。私もあえて気付かないふり。頑張ってください。

先日、聞えよがしに「俺には居場所がない」と言っていた。うん、私にもないよ、ひとりになれる場所が。できればトイレに引きこもりたい。
「なるべく農園に行くようにするよ」体調が悪くても?天気が悪くても?ひとりで大丈夫?「安楽にいられる」のでないと、私の責任感は休まらないんだけど。
「定期的に、安全に、心配しないでいられる場所に」というと、デイしかないよね。
子どもと違って、「だんだん手が離れる」のでなく、「だんだん手がかかるようになっていく」そして介助者の私は「ますます年をとっていく」。長く今のように暮らしていくためには、私が長く元気でいられることが重要なのだ。
私を長持ちさせるには、それぞれ少しずつ不便や不満を我慢するのは仕方ない。頑張って早く潰れてしまっては意味が無い。
仕事も少しずつ減らしてくれるように上司に頼んでおいた(この人手不足に聞いてもらえるか、まだ返事が無いけれど)。
貯金も体力も、節約せずに浪費すればあっという間に無くなってしまう。
バッテリーだって、ずっと使い続けるより時々休ませた方が長持ちする。
年をとってつらいのはあなただけではないのだ、お母さんは不死身ではない。




by kumikonikki | 2017-01-07 00:36 | Comments(0)

今年(だけではないけど)実現したいこと

自分のやりたいことさえ忘れてしまうので、書いておこう。毎日冷蔵庫のドアを開けては「何を出そうとしたんだっけ?」とつぶやいている私だから。

1)絵を描きたい
2)まず、模写から始めるのもいいね
3)口笛が吹けるようになりたいな
4)指笛にもあこがれるけど
5)パンを「また」焼きたい。前は結構うまくできたんだよ~
6)買い置きしてある布をちゃんと洋服に作りたい
7)古い服は捨てるべし
8)冷蔵庫は週に1棚掃除すること!
9)流しの下を片付けよう
10)週に2日は休む(ひとりになれる時間を持つ)
11)冬場は週に1~2回、春になったら3~4回農園に行くべし
12)物置の整理
13)本棚の整理
14)英語の勉強
15)数学の復習(中学レベル)
16)宝塚見てみたい
17)県立美術館行きたい
18)新しくできたという県立現代美術館?行ってみたい
19)散歩したい
20)ばーさんのところに月イチは行かないとね
21)木工教室参加するぞ!

こう書いただけで「あー、無理だぁ」と思えてくる。それにしても、「片付けよう」が多いこと。




by kumikonikki | 2017-01-04 23:45 | Comments(2)

定石がいやなへそ曲がり

正月である。
めでたいのか?
どこもかしこも、「あけましておめでとうございます」「今年もよろしくお願いします」
なんかこう、決まり文句とか、お定まりの、というか合言葉のように「こう言っておけば間違いない」ようなセリフが苦手だ。
誰かが亡くなった時は最後に「ご冥福を心からお祈りいたします、合掌」
電報の定型文みたいで、何かの呪文のようで、口先だけという気がして、好かん。

前に、定型文は定型であるがゆえによろしい、という説を読んだ。
たとえばお葬式などで、ごちゃごちゃ言わずに「ご愁傷様でした」といえばお互い気を遣わずに済む。
「このたびは…」と語尾を濁せばあうんの呼吸でどちらももごもごと言葉を濁して頭を下げればそれで良い、と。

そうだね、これは呪文なんだ。
雷が鳴れば「くわばらくわばら」(今どき言わないか?)
縁起でもない言葉を口にしたら「つるかめつるかめ」
汚いモノに触れてしまいそうになったら「えんがちょ切った!」
年が代わったら「あけおめ、ことよろ」

目くじら立てることもないではないかとも思うけど、こうやたらに一斉に唱えられるとなんか面白くない。
子どもの頃は、そんな大人の定型文をしってるぞとばかりに「明けまして~」とやっていたけれど、
この年になると「またそれかい。いい加減で聞きあきたわ」とひねくれてしまう。

年をとっていいことは、どんどん周りが目下になっていくこと。年齢だけだけど。
他は何にも偉くない年寄りがふんぞり返っているのは見苦しいものだが、あれはきっと今まで人から尊敬されることのなかった人がようやく時間をかけて(文字通り!)手に入れた地位だからなんだね。しかも、生きてる限り落ちることが無く、むしろ上がっていくステータスだから。

天然記念物の縄文杉なら古くて価値があるかもしれないが、
古いと言ってもたかだか百年程度の人間、しかもよれよれで半分ミイラみたいになってなーにが尊いんだか、と
ぬかみそだって古いだけじゃダメなんだぞ、ちゃんと手入れして年季がかかったのとそうでないのは価値が違うんだと
思いつつもこんなひねくれた考え方をする自分にも愛想が尽きる気がする正月でござりまする。
いやだね、へそ曲がりは。




by kumikonikki | 2017-01-03 01:55 | Comments(0)

悪性リンパ腫R-CHOP→CHASER→大量抗がん剤投与+自家移植→最初のベンダムスチン→二度目のベンダムスチンで今第5寛解中の病状および日々雑感です。
by kumikonikki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

お気に入りブログ

最新のコメント

お疲れ様でした。おもしろ..
by saheizi-inokori at 12:06
足の痛みにも由りますがツ..
by 群馬のnさん at 08:19
祝!!退院。 少し涼し..
by LUCY at 06:26
> 群馬のnさん 半分..
by kumikonikki at 17:54
> LUCYさん 時差..
by kumikonikki at 17:49
ゴメンね!私が娘を頼りに..
by 群馬のnさん at 07:56
台風!! そちらは大丈..
by LUCY at 06:52
> saheizi-in..
by kumikonikki at 15:40
> LUCYさん 私も..
by kumikonikki at 15:37
> saheizi-in..
by kumikonikki at 15:36

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

むすめにっき26
at 2019-09-13 23:45
むすめにっき25
at 2019-09-08 01:23
むすめにっき24
at 2019-09-07 22:51
むすめにっき23
at 2019-08-30 19:48
むすめにっき22
at 2019-08-30 19:08

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧