人気ブログランキング |

くみこにっき

<   2019年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧




体内はフル回転

塾の無い日はいちにち家でゴロゴロしている。
でも、脳内はフル回転。
正の数、負の数からわかっていないあの子をどうしたものか。
入試が間近だと言うのに、あの子にどう教えたものか。
現職の教師とは言え、学校の教え方が通用しない塾での教え方をどう伝えたらいいか。
元教師とは言え、あのやり方では我慢大会でしかないあの人の教え方を彼女のプライドを傷つけず注意する方法は無いものか。
素人さんとは言え、せっかくボランティアで教えに来てくれている人を尊重するあまり、生徒が混乱しているのを傍観していていいものか。
テメーの至らぬところを棚に上げて(はい、いつものことです)寝転がってそんなことばかり考えている。

気分転換に、すっかり忘れていた中3の数学を解いてみる。
わからん。
この「接線」がヒントだと思うがどう使うのか、やっぱり分からん。
そんな時は『寝る』
ひと晩放りだして、翌日もう一度取りかかると突然ひらめいてくることがある。
私の好きなパズル、数独(ナンバープレイス)でも同じこと、煮詰まってミスに気がつくと、とりあえず止めてひと晩置いてみると道が開けることが多い。

円の証明問題も解けました!(答えが合っているか、明日解答を見てみよう)

無料塾のスタッフのひとりから珍しく電話があり、話しているうちに少し光が見えてきた。
ひときわ遅れている子はもう1日、補習をやることにしよう。
受験生の授業は、こちらで予定を立ててそれに沿って指導してもらうようにしよう。
一番手のかかる子を「大勢で大変だろうから」とあの人から預かってやろう。
ボランティアスタッフさんも、教える楽しさが分かってきたようだ。
私だって、教え始めたころは1カ月ほどは「役立たず」だった。
生徒も、教える内容もわからないうちはロクな支援ができるわけがない。
『できない、と思っても1カ月は辞めないでくれ』と頼んだのは正解だった。

天気予報では、今日は午前中曇り、昼から晴れと言っていたが、本当に晴れてきた!外れた時ばかり文句言っていないで、当たった時はちゃんと評価しなければいけないね。あとでパンを買いに行こう。図書館もそろそろ期限だし。

昨夜すごく眠くなって、まさかと思うほど早く寝た(10時半ね)。眠れないかと思ったが、ちゃんと眠れて今朝は8時半に目が覚めた!
なんとかこのサイクルを定着させたいところである。
早起きして朝からミカン沢山食べて、朝食のパンは少なめに。腹八分目も守れました。
外側はナマケモノですが、体の内側をやってくださっている仲間たち(胃腸とか)は良くやってくれています。




by kumikonikki | 2019-01-30 12:14 | Comments(2)

おお寒い

日が翳ると本当に寒い。こんな寒さの中、よくぞおとーちゃんは休まず農園に行ったもんだと思う。
ヘタレの私は部屋で厚着してファンヒーター付けて藤枝に念を送っている(今日は娘が面接受けてるので)。

車検が終わり、一息ついたところ。引きこもっていると、人に会うのがより億劫になる。
今日もなとりのバザーで、「しいたけごはん」の取り置きを頼んだのだが、メンバーに会うのが億劫で行くのを止めてしまった。
どうせ夜塾があるのだから、置いておいてもらえれば夜に回収できる。

バイオリズムじゃなかろうが、意気が上がる時と落ちる時が交互に現れる。今は落ちる時期。
毎日が退屈で、ていうかやることはあるのだけれどやる気が出なくて本を読んでも集中しないし、所在ないこと。
そんな時は①数学の問題を解く(中学生レベルなら程良く易しいので落ち込まずに済む)②縫物、編み物をする(何も考えずに手だけ動かしているのに、時間が立つと結果が残っているので虚しくならない)③同様の理由で押し入れなどを片付ける

昨日は風もなかったのでロケットストーブで枯れ枝を燃やした。最近雨が降らないので、先日と違いよく燃えた。
ふきのとうがいくつか見つかったが、もう少し大きくなってから天婦羅にして食べよう。
この寒さでは餌も見つからなかろうとみかんとか、痛みかけた林檎とかをヒヨドリなど食べ物に不自由していないのかもしれない。

私も、たいして不自由していない。友人達が心配して色々差し入れてくれたり、ご馳走してくれたりするのだが、自分の口に合うものをテキトーに作ってあるので、戴けるなら現金が喜ばしいのだがそうもいかないのが残念である。
野菜や食材を戴くと、もったいないので残さず使うのだが、その分自分で買い置きしておいた物が余っては結局捨てることになったりして、やはり腐りも干からびもしない現金がありがたいのに、と思う。罰当たりだと自分でも思うけど。

昨日、胃腸をいたわるべく作ったお粥がとても美味しかったから、また作ろうかな。
同じく作った茶碗蒸しは、強火のままうっかり他の用事をしていてすっかりスが立ってしまった。こちらは失敗。
どんなに上手に作っても、時間が立つとおいしさ激減である。
今日は風が強くて寒いから、暖かい汁ものでも作っておこう。





by kumikonikki | 2019-01-28 13:17 | Comments(0)

昨日は多分食中毒

上からも下からも毒素を出しきって、眼が覚めたらすっかり良くなっていました。
ウイルス性か細菌性か、潜伏期間が長いものもあるから一概には言えないけど、ランチで食べたイタリアンがあやしい、と思ってます。
店員のお兄さんは(平日で他に客がいなかったせいもあるでしょうが)感じはわるくなかったのですが、店自体は私の気に入らなかった。
まず、店の名前もメニューもわからない。
店名はイタリア語で書いてあって、仮名が振ってないからどう読むのか分からない。店主がトスカーナ地方で修業を積んだそうだが、普通の日本人はイタリア語を読めず、話せずだろう。現に誘ってくれた友人も「店の名前は聞いたけど忘れた、イタリア語なので」と言っていた。名前もわからん店じゃ人にも教えられないよね。

メニューはカタカナだけど、イタリア語をカタカナ表記にしたって意味がわからない。「この、うんたらかんたら(メモしてないので分からない)という料理はどんなのですか?」と尋ねたら『生ハムとトマトソースの太めのパスタです』だと。ならそう書けよ。
いちいち聞いて、客とのコミュニケーションのきっかけにしようと云うにしても、全メニューを聞くわけには行かないし、鶏か、牛肉か、鰆か鯛か、焼いたのか煮たのか分からないでは注文のしようがないではないか。さらに、アレルギーのある人などはどうするのだ。
『ウェイターに聞け』というのか?そんな暇な店ならいずれ閉店するだろう。

さらに、料理がうまくなかった。もちろん、「美味しかった、ご馳走さま」と言ったが、なんだあのティラミスは。前菜盛り合わせも、見た目は美しかったが味はイマイチであった。私はもう行かないだろうし、誰かに薦めもしないだろう。

友人の服のお直しをしてあげたので、彼女の奢りだったのだが、1人前2000円払ったのを見ていたので、「あーもったいない」と内心思っていた。良いところは、床がフラットで電動車いすの彼女がすんなり入れたこと、ウェイターのお兄さんが帰りはテラスのガラス戸を開けて彼女が出やすいように配慮してくれたことだろう。

前回行った和食の店は、料理はまずまずだったが店員のおばちゃんが不愉快だった。なかなか満足できる店って無いものである。って、私の採点ちと辛いかな?




by kumikonikki | 2019-01-25 14:59 | Comments(2)

体調不良で無料塾を休む

天気が良いので干す場所が足りないほど洗濯をした。
部屋の花鉢もいつものように外に出してやる。
ビョンにもキャットフードだけでなく生の手羽先をトッピングしてやる。
昨日、なとりのエレベーターの電源を切り忘れたので午前中切りに行ってきた。
万里子さんとランチの約束があるので、図書館で待ち合わせ。
彼女に頼まれていたT-ブラウスの直しが終わったので持って行く。
「お直し賃」はランチ代+デザート付き、今日はイタリアンで生パスタと前菜色々、コーヒーにティラミス。
お天気が良いので、コートなしで2000歩歩く。
彼女とのランチは2時間以内で終わるルールがあるので、このあと買い物をして帰る、という彼女と別れて家に戻る。
今夜の塾の準備を済ませて、ちょっと昼寝、夕方出かける前に洗濯ものなどを取り込む。
全部済ませて、荷物を車に載せようとするとなぜかひどい汗!
さらに今日のノルマは果たしたはずなのにトイレに行きたくなる。
イヤな流れだな、と思う間もなく吐き気がおそってきた!やっぱこう来たか…
熱を計ってもむしろ低体温(36度を切っていた)、関節痛もなし、インフルではなさそう。
ま、一度吐けばいいかなと塾に行く支度を続けていたらさらにガン吐き。
受験生もいるので、こりゃだめだと仲間に連絡して今日は休ませてもらう。
汗もかいたし、袖も汚れたしですっかり着替えたのにどことなくゲロ臭いのが不思議だ。

寝てれば治る主義の私、暖かくして爆睡、果たして眼が覚めたら治っていた。
何なんだろう?
症状としては何かに当たった感じだけど、外食の店で怪しいものなど出すはずがないよね?
私だけ食べたレバーペーストのカナッペ(万里子さんは肉を食べないので彼女の分まで私が食べた)だろうか?
もう治ったからいいとしよう。私が具合が悪い時は、他の人が対応できる体制ができたのも確認できたし。
眼が覚めたけど、まだ食べるのは控えよう。白湯だけにしておこう。ミカン食べたいけど、我慢する。
楽しいような、しんどいような今日でありました。




by kumikonikki | 2019-01-24 20:31 | Comments(2)

わが友、カマドウマ

娘が帰ってひとりでPCいじってたら足元のちょっと先に黒い影。
家では眼鏡を掛けていないのだが、大きさからカマドウマだろうと近づいてみると、果たして。
片足が1本ないので、この間ベッドのわきの壁に張り付いていたヤツだろう。生き伸びてるね、よかったね。

トイレの窓際にハエトリグモが日向ぼっこしていた。まん中の大きな1対の眼がまっ黒くつややかなチビであった。
こんな冬には、捕まえるような虫もいなかろうに。でも、暖かい日は外に小さめの蚊柱が立ってたりするから、いるところにはいるのかもしれない。
そういえば前にトイレの壁にじっと動かない小さな羽虫がいて、「死んでるのか?」とお尻を軽くつついたら『やめてよ~』と言うように2,3歩動いたの、数日後には別の壁に移動していたけど最近見かけない。もしかして、やられたのか?

独りで暮らしていると、特にこんなに寒い日が続くと虫でさえ親しみを感じる。
昔、受験勉強で独りで起きている時に電気スタンドの笠にスイッチョがいたのに癒されたのと同じ(って、前にも書いた気がするな?最近歳とって話がくどくなったり繰り返したりが多くなった。なんせアラコキ(アラウンド古希)だからね。

犬と暮らしたいけど、もう責任取れないから飼えないのが残念である。
一番最後まで一緒だったアイちゃんがいないのが、一番寂しく感じる。
犬のいない暮らしなんて想像できないほどつまらないけど、考えたらそんな時期も結構あったね。
実家にいた時は沢山犬がいたけど(母親がブリーダーだったから)、下宿していた時と、子どもたちが小学校に上がるまでは「犬なし」の生活だった。とーちゃんと暮らし始めて暫くの間も犬なし、だから結構あちこち旅行出来た。
大きな犬を飼いたい、というとーちゃんの希望と私の好みが一致してラブのマーチが家に来てからも、彼女が若いころはダンナのばーちゃんちに預けて出かけたり、犬同伴可のペンションに泊まったりもしたね。あとでアイちゃんも連れてったり。
病気してからだね、色々と変ったのは。でも、その前にあちこち出かけて楽しんだのがいっぱいあるから良かったと思う。
もう少し体力つけて、娘が正規職員になって生活が安定したら、もう1回ぐらい旅行に行っても良いかな、と思う。
一度ベトナム行きが中止になったのが、まだ「借り」になってるし。
最近、食欲が戻ってきて、同時に体重も戻りつつあってちょっと恐怖。




by kumikonikki | 2019-01-20 21:43 | Comments(6)

議論しないことは仲が良いことではない

前にNPO法人を立ちあげた時に、私と理事との間で意見が合わないことがあった。
奇数の理事の中で意見が半分に別れた時、間に挟まった一人は向こうの側について私の意見は通らなかった。
彼女は「どっちの言うことももっともで、私はただ、仲良くやりたいってだけなの」と言った。

今、無料塾で同じことが起きている。
ゆうさんと私は意見が合わない。そのとき、他の2人のスタッフはなぜかゆうさんの方に加担する。
彼女がいない時は私の意見に同調するのに、両方が面と向かうとあちらの支持に回る。
「私たちはただ、仲良くやりたいってだけ」なのだろう。

意見が分かれるのは、悪いことじゃない、当たり前のことだろう。
それをまるで喧嘩しているかのように(あ、ゆうさんはそっちだ。下手すると泣きだしかねん)まあまあまあまあ、と割って入って仲を取り持つのは、私は議論の邪魔をしているとしか思えない。

意見の違いをすりあわして、共通認識を確認してまた前に進むべきなのに、議論を摘み取って飲み込んで、表面を滑らかにしたって、それは取り繕っているにすぎない。決して仲良くやっているわけではない。
私は言葉がきついし、議論に負けてめそめそ泣くようなタマじゃないから、きっとみんな向こうにつくのだろう。
でもそれは、正しいかどうかとは関係ないことだよね。

「判官びいき」は日本の特性かもしれないが、必ずしも義経が正しかったわけではないんじゃないか。
長いものに巻かれるのもイヤだが、善悪を脇に置いて弱い方の味方をするのも如何なものか。

このスタッフ、誰かがちっともやるべきことをやらないのを批判すると必ず弁護する「あの人も忙しいから」
「何度も念を押しているのに、半年も放ったらかしじゃないの!」と怒ると「今別件で頭がいっぱいなのよ」
そういうのを『無責任』とか『無能』というのだよ。
自分はどっちにも理解があって優しい人だとでも思いたいのだろうか?

できないならなぜできないか、どうしたらできるか、計画を見直すべきなのか考える方がいいだろうに。
「まあまあまあ、ここはひとつ穏便に」したって何の解決にもならんと思うよ?




by kumikonikki | 2019-01-16 22:02 | Comments(4)

独りごとメモ

無料塾に今中1の生徒が3人いる。それがまた、はっきり上、中、下の3段階各一人ずつ。
上の子には正直あまり興味無い。中の子はまだ伸びしろがある。放っておけば下になるタイプ。
さっぱりわかっていない「下」の子は、放っておけない!
2人と1人に分けて、西川さんと一緒に教えようと思うが、どうしたものか。
できる子を彼に任せて、女の子2人を私が見ようか。
それがいいかも。

中1の数学はゆうさんに任せてある。ホントは任せたくない、彼女が教えるとどんどん分からなくなるだろうから。
でも、本人が教えたがっているからしょうがない。1年生のうちはやらせてみよう。
しかし2年生になったら、もう渡さない。2年生って、中学3年間のうちで一番重要な事を教える時期だと思うから。
1年生の時なんて、少しぐらい変な事やらかしても2年で取りかえすことができる。
だから4月以降は中3X1,中2の3人は私、新中1はすでによその英語塾に何年か通っているから1年間分の貯金はあるだろう。数学はもちろんゆうさんにやってもらう。小6の女の子ももちろんゆうさんに任せる。
来年度(といってももう2カ月余りだけど)も何とかいけそうかな。




by kumikonikki | 2019-01-14 23:00 | Comments(0)

学校の先生よ、大丈夫かい?

今の特に中学の先生の激務はすごいらしい。しかも先生同士で助け合う、とかベテラン教師が若手をサポートする、なんてことも無いみたい。あれば自分の車の中で焼身自殺したり、行方不明になったり、精神病になったりする先生がこんなに多くは無いだろうと思う。

一方で、生徒から聞く先生の様子も「何それ?」と思うことが多い。自殺されるのも後味悪いが、その前に無茶苦茶な教育をされても困る。テストの問題を見ても、首をひねるような設問やら量やら、大丈夫か、この先生?と思うことがある。そんな先生はやっぱり生徒から嫌われている。

生徒たちを見ていても、いくら義務教育は歳をとれば自然に持ちあがれるといっても、こんなに分かっていないのになんで進級させたんだ?!というレベルの子が多い。ま、私がやっているのは補習塾だから、勉強が分からない子たちが来ているから余計そう思うのだろうけど、こんなになるまでなんで放っておいたの?!と言うレベルの子がこんなにいると、義務教育ってなんなんだ、と思うの。

だもんで元学校の先生と聞くと、つい身構えてしまうんだけど、もちろん良い先生の方が多いとは思うけど、ヤバい先生もかなり混じっているんじゃないか。

最近入ってきた生徒の中に、ひときわ無表情で小学生レベルの計算もおぼつかないのがいて、心配なのです。
お母さんは特に問題なさそうに思えたけど、家庭に何かあるのだろうか?
いや、これだけ変な大人が闊歩しているんだから、子どもも無事でいられるわけがない。
暫く彼女から目を離さずにいようと思います。




by kumikonikki | 2019-01-14 22:03 | Comments(4)

歳とって死ぬのは悪くないんじゃない?

この世で一番辛いことは子どもに先に死なれることだと思っている。
今日は市原悦子さんの訃報を聞いた。
ついこの前は樹木希林さんのを。
でも、70歳過ぎての死は仕方ないと思える。
むしろ、誤解を恐れずに言えば、90,100と長生きしている人のどこがめでたいのかと思う。
がんセンターはいつも混んでいるが、これはガン患者が増えたわけではなく、ガンになれるほど皆が長命になったということだろうと思う。しわしわ、ヨレヨレの患者は、もう積極的な治療しないでいいんじゃないか。少なくとも自分は苦痛はイヤだが長生きはしたいと思わない。人生、長けりゃいいってもんじゃないと思うから。

今、知人のひとりが病状が悪化して、みるみる寝たきりになって一緒に暮らすダンナが苦労している。
彼女は一切の添加物や薬品を拒否しているので、余計大変なようだ。
洗剤も特別な物を使っているし、私とタイプ的には似たガン(多発性骨髄腫)なのだが、入院も抗がん剤も拒んで、私にも「抗がん剤なんて、殺されるわよ、人間は自然療法でなくては」と彼女がやっている『高濃度ビタミンCの点滴』を何度も薦められた。
元々ガンはかなり悪くなるまでは自覚症状が無く、痛みが出てきたらかなり進行していると思っていいんじゃないか。
彼女は「私は抗ガン剤に頼らないからこんなに元気!」と言っていたが、歩けなくなり、座れなくなり、起きれなくなってビタミンCの点滴に行くのでさえ、痛がる彼女を抱きかかえてダンナが苦労しているとのこと。「足を触っただけでも悲鳴を上げるんで…」

骨髄腫がかなり進んでいるのではないか。もう、退院レベルではないのか(がんセンターは余命2週間位になると「家で死ぬために」退院させる。めでたい退院ばかりではないのだ)。

介護の手が足りないために、私に介護の手助けを頼んできた。(これ、間に入った純子さんがなにか誤解されるような説明をしたらしい。ダンナがいのうらさんが介護の事業所を立ち上げたと聞いたので、と電話してきたがもちろんそんなものは立ちあげてない。自分が患者だっちゅーに?!純子さんに連絡をくれるようにメッセージ送ったがまだ返答なし:怒)

しかし、状況を聞くともう今月いっぱい持たないだろうと私には思える(素人だけど)。なら、その短い間だけでも好きなようにさせてあげるべく、手伝ってあげようか?と、またお節介の血が騒いでいるところ(笑)




by kumikonikki | 2019-01-13 22:43 | Comments(0)

春の兆し

すこーし、日が長くなってきた。前は真っ暗だった西の空に、夕焼けが見られるようになった。
外猫のびょんと「もうじき暖かくなるから頑張ろうぜ」「ぎゃー!」会話している。鳴き声から『ぎゃー』と名付けたかったのだが、既にいるので「びょん」になったのさ~

私も運動始めて体調が、つーか足の運びが良くなっている。善哉、善哉。
毎日昼ごろ起きてから日中うとうと寝てばかりだったのが、8時半ごろ眼が覚める。(覚めるだけで起きないけど)
ひよちゃんたちにミカンの輪切り、びょんにキャットフードと煮干し、とーちゃんにお茶、犬たちはお水、鉢花は日が当たる玄関に移動して、自分の食事。薬色々飲んで、まだ昼までに時間がある。よかよか。
無料塾が通常の時間割になれば(来週から)4時前に出て8時過ぎに帰ってくるようになる日が増えるが、元々塾を長くやっていたので夜遅くなるのは朝早くなるよりずっとありがたい。自分が見たい番組のある曜日はちゃんと休みにしたし、塾前に軽食を摂って帰ってから夕食のパターンを定着させようと努力中。

晴れるようになると、やる気も出てくる。編み物、縫物、お絵かき、片付け「さーて、今日は(明日は)何しようか?」と考えるようになれば体調が良い証拠である。
で、11時頃眠くなって、朝までぐっすりといけたらいいね(実際はトイレに起きる。とーしーよーりーだからね)

ずっといけなかったベーグル屋にまた行けるようになった。
別に出禁になっていたわけではなく、とーちゃんの思い出が強すぎて行けない場所が沢山あるのだが、先日娘に頼まれて行ったら、やっぱり美味しいのでまた行くことにした。

友人みんなが「食べてる?ちゃんと食事してる?」と心配してくれるのだが、食事は問題ない。なるべく今の状態をキープしようと思っている。
部屋は娘が来て掃除してから、ほとんど汚れない。女の1人暮らしは楽なものだと思う。
思えば、干渉がひどかった実家住まいの頃から独りになりたくて仕方がなかった。18歳になって下宿から大学へ通うことになって万歳と思ったら仕送りの都合で叔父の家に下宿、通学に1時間40分もかかるわ、小学生の従姉妹が遊びに来るわでやっぱり独りになりたかった。卒業してまた実家暮らしになり、1年で耐えられなくなって静岡のジーンズショップの店員のバイトしながら静大の聴講生になり、ようやく念願の1人暮らしを始めたら半年で見合いさせられて即結婚、出産、また出産、そして転勤族の妻にして喘息とアトピー持ちの年子の親でぐちゃぐちゃな生活に。

こうして思えば、誰かに干渉されない独り暮らし、半年しかできてないじゃないか。
おとーちゃんが私にあこがれの独り暮らしをプレゼントしてくれたのかもしれないね。





by kumikonikki | 2019-01-12 14:12 | Comments(4)

悪性リンパ腫R-CHOP→CHASER→大量抗がん剤投与+自家移植→最初のベンダムスチン→二度目のベンダムスチンで今第5寛解中の病状および日々雑感です。
by kumikonikki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

お気に入りブログ

最新のコメント

https://www...
by eblo at 11:04
よかった!喉もとすぎない..
by saheizi-inokori at 09:10
もう・・・心配させてくれ..
by eblo at 23:39
我が家のチャムは暑くなる..
by 群馬のnさん at 19:23
我が家の犬(クウです、ヨ..
by eblo at 23:04
> ebloさん あり..
by kumikonikki at 19:36
> saheizi-in..
by kumikonikki at 19:32
難しいことをやっているん..
by eblo at 09:25
私も前のスマホの方がピン..
by saheizi-inokori at 09:20
> ebloさん 私も..
by kumikonikki at 23:56

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ひどい肩コリだったようです
at 2019-06-15 23:10
ヤモリにっき?
at 2019-06-08 22:00
画像が暗い
at 2019-06-08 00:12
目から頭痛が起きてるんじゃな..
at 2019-06-04 23:27
頑張ったぜ自分
at 2019-06-02 16:09

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧